●黒の世界

(画像:「境界の彼方」公式Webサイトより)
©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

●キャスト
栗山 未来:種田梨沙
神原 秋人:KENN
名瀬 美月:茅原実里
名瀬 博臣:鈴木達央
新堂 彩華:進藤尚美
二ノ宮 雫:渡辺明乃
藤真 弥勒:松風雅也
名瀬 泉:川澄綾子
伊波 桜:豊田萌絵
伊波 唯:矢作紗友里
新堂 愛:山岡ゆり
神原 弥生:今野宏美

●ストーリー
ある日、神原秋人は今にも校舎の屋上から飛び降りそうな栗山未来を見つける。それぞれに事情を持つ半妖夢の少年と血に纏わる異界士の少女が出会い、やがて2人は大地主である名瀬家を巻き込んだ事件に関わっていく。
●栗山 未来が消えた日
神原 秋人が目覚めたとき、そこには栗山 未来はいませんでした。

彼女は一体何処に…。

神原 秋人「3ヶ月…。」

境界の彼方の消滅と共に、神原 秋人の不死の特性が消えてしまい、彼は3ヶ月間眠っていたようです。

そして栗山 未来は境界の彼方を倒すために自らの血を使い切ったという事は…。

名瀬 博臣「栗山 未来は死んだと考えるしかないな!」
●直視したくない現実
名瀬 泉「栗山 未来が死ぬか、神原 秋人を殺すか、どちらかしかないわ。」

境界の彼方を消滅させるには呪われた血の一族である栗山 未来しか倒せない、しかもそれを使うとしたら神原 秋人を殺すことになってしまう。

その結果、彼女が選んだ方法とは…。

それを聞いた神原 秋人は怒りを覚えるものの、取り返しのつかない現実に対してなすべき自分の無力さに悲観します。

3ヶ月振りに帰ってきた自宅、そこにあった携帯電話のメール。そこには栗山 未来から来た最後のメール。それは彼との別れを綴った内容、その着信日は3ヶ月前。

神原 秋人「やっぱり栗山さんは…。」
●栗山 未来は生きている
「文芸部部室にこい PS.栗山 未来は生きている。」

このチラシを見た神原 秋人、目の前にいるのは境界の彼方と戦っている栗山 未来。もちろん彼の夢の中の話のはず、なのですが…。

文芸部部室にやってきた一同。そこと突如現れたのは、

神原 弥生!

神原 弥生「どうするよろ。やっちゃん、せっかく格好良い登場シーンを考えたのに、よろ!」

その後、神原 弥生はビキニ姿になり猫耳と尻尾まで付けてますが…。

神原 弥生「栗山 未来は生きている。」

※シリアスなシーンでおちゃらけている割には重要な情報を述べています。

神原 秋人は今も境界の彼方と戦っている栗山 未来を救出するために飛び出します!

栗山 未来「先輩…!」
神原 秋人「栗山さん。」


「境界の彼方」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「境界の彼方」第10話「出来ない」(ネタばれ注意)
【アニメ】「境界の彼方」第9話「手遅れ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「境界の彼方」第8話「凪が来る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「境界の彼方」第7話「姉・伊波 唯の願い」(ネタばれ注意)
【アニメ】「境界の彼方」第6話「歌は妖夢を倒す!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「境界の彼方」TVアニメ公式Webサイト