●Nova Crash

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 林達永・金光鉉・アートリムメディア・キルタイムコミュニケーション/フリージング ヴァイブレーション製作委員会

<キャスト>
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
アオイ=カズヤ:市来光弘
ラナ=リンチェン:花澤香菜
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ロックサンヌ=エリプトン:寺川愛美
シャルル=ボナパルト:山口立花子
ユリア=ムンベルク:東城日沙子
アミリア=エヴァンス:三森すずこ
ジーナ=パープルトン:橘田いずみ
ラトル:桑原由気
スカーレット=大原:雪野五月
アオイ=源吾:斧アツシ
バイオレット=エル=ブリジット:茅野愛衣
ルイス=エル=ブリジット:野島健児、真田アサミ
アンドレ=フランソワーズ:霜月紫
ホーリー=ローズ:楠浩子

●ストーリー
人類を襲う謎の敵《異次元体ノヴァ》との戦いで最愛の姉を失った少年・アオイ=カズヤは、ノヴァに対抗できる力を持った戦士《パンドラ》とそのパートナー《リミッター》の育成機関の一つ《ウエストゼネティックス》へ編入する。

そこでカズヤは《接触禁止の女王》として恐れられる少女・サテライザー=エル=ブリジットと出会う。
亡き姉の面影を残したサテライザーに惹かれるカズヤは、拒絶されながらも彼女と共に戦いへと身を投じ、徐々にその距離を縮めていく。

そんな中、《ゼネティックス》の上位機関である《シュバリエ》の命令によって、カズヤたちはアラスカにある基地へと派遣される。そこでは新たなノヴァへの対抗策として、人工的にパンドラを作り出す《Eパンドラ計画》が進められていた。
●タイプ・マリア
スカーレット=大原「マリア・ランスロットを量産したクローン、それがタイプ・マリア。」
アミリア「私達はそんなもののために…、ジーナとラトルはそんなもののための犠牲に…。」


アミリアの悲痛な叫び。しかしバリアのためにアミリアはそれ以上、スカーレット=大原に近づく事すら出来ません。ところが…。
●Eパンドラ研究所の崩壊
シフォン=フェアチャイルドと交戦中のサテライザー、右のおっぱ○も露わになり、成すすべも無く倒れるも…。

シフォン「アミリアさんの行為が大変な事を引き起こしているんですよ。」

アミリアのノヴァ化により誘発されたタイプ・マリアが暴走し、Eパンドラ研究所を崩壊させてしまいます。

スカーレット=大原「私のしてきたことはバベルの塔を建てるような事だったの?」

タイプ・マリアのノヴァ化。それはEパンドラ研究所が生み出したノヴァであり、それを受けてシュヴァリエとアオイ=源吾が緊急査察に来ることに!
●サテライザーの意識
アオイ=源吾「全てのパンドラとリミッターに出動命令を!」

全てのパンドラは英痕を媒介にノヴァの精神侵蝕を受けてしまいます。その結果、サテライザーの精神も暴走してしまいシフォンに対して互角以上の戦いを見せるのですが…。

アオイ=カズヤがサテライザーの意識に飛び込むと、そこには彼女のトラウマとなった母との死別。そして彼女の孤独な心に触れますが…。それを取り戻したのはアオイ=カズヤとラナ。

サテライザーは意識を取り戻し、タイプ・マリアの封印へと向かいます。

しかし、その間にもタイプ・マリアは次々とパンドラを殺害し…。

「フリージング ヴァイブレーション」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第10話「死を覚悟して踏み込む!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第9話「復活、エリザベス!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第8話「アミリアの謀反」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第7話「ルイス、ホーリー=ローズを愛す!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第6話「サテライザー、よみがえる屈辱の日々」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「フリージング ヴァイブレーション」TVアニメ公式Webサイト
「フリージング ヴァイブレーション」AT-X公式Webサイト