写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天リサーチは、20代から60代の男女計500人を対象に「大掃除」に関する調査を実施した。調査期間は11月25日から26日。

去年と今年の大掃除に関していつ実施したか(する予定か)を聞いたところ、「自分も含め誰も行わなかった/行わない予定」と答えたひとが、去年は20.8%、今年は18.0%いることがわかった。

また、実施期間で見たところ、去年は「12月下旬(21日〜27日)ぐらいから(17.8%)」が多く、今年の予定は「12月28日〜31日ぐらいから(17.6%)」が多い。一方、「12月に入る前から」実施している方も、全体の約1割(去年10.4%、今年12.6%)存在しており、早めに対応している人もいることが見受けられる。

職業別に見ると、去年と今年に共通して、「主婦・主夫」が12月に入る前から大掃除に着手している割合(去年16.7%、今年25.0%)が高く、「会社員」は4割強(去年26.4%、今年27.5%)の人が、12月28日〜31日ぐらいから大掃除に着手すると回答するなど、職業別の傾向が見受けられた。

去年の大掃除で、自身が念入りに掃除したところを3つ挙げてもらったところ、「キッチン(換気扇・レンジフードは除く)(39.9%)」、「浴室(31.8%)」、「リビング(30.8%)」がTOP3となり、次いで「トイレ(21.5%)」、「玄関(21.2%)」が2割を超えている。

性年代別に見ると、女性40〜60代で「キッチン(換気扇・レンジフードは除く)」のスコアが6割強(40代63.4%、50代67.4%、60代66.7%)と他の年代に比べて高くなっているほか、20代女性で「寝室(35.9%)」、50〜60代男性で「家の外(50代18.9%、60代33.3%)」、40〜50代男性で「照明器具(40代23.1%、50代35.1%)」のスコアが高かった。

なお、「キッチン(換気扇・レンジフードは除く)」では30.3ポイントの差で女性が高く、「家の外」では9.4ポイントの差で男性、「照明器具」では10.7ポイントの差で男性が高くなっている。このことから、男性には高い位置にある照明器具や日頃対応できない箇所を対応してもらい、女性は日頃使用しているキッチン周りを主に実施していることうかがえる。