クロエ創業者ギャビー・アギョン、仏レジオンドヌール勲章を受勲

写真拡大

 「Chloé(クロエ)」の創業者Gaby Aghion(ギャビー・アギョン)が、フランスの名誉勲章である「レジオンドヌール勲章」を受勲することが発表された。フランスのファッションと文化への貢献が認められたもの。受章式は12月16日の実施を予定している。

クロエ創業者が仏勲章を受勲の画像を拡大

 1921年にエジプト・アレキサンドリアで誕生したGaby Aghionは1952年に「Chloé」を創業し、初期のコレクションでは自身の幼少期からの影響も取り入れたライトコットンのポプリンドレスなどを発表。その後も新たなコレクションの制作に挑戦していき、ブランドの人気が増すと共に自身の可能性を広げるため若くて有望なデザイナーの育成・サポートを行うようになった。「Chloé」のデザイナーはこれまでに、カール・ラガーフェルドやマルティーヌ・シットボン、ステラ・マッカートニー、フィービー・ファイロなどが歴任。現在はクレア・ワイト・ケラーがクリエイティブ・ディレクターを務め、同氏は2014年春夏のコレクションから「SeeByChloé(シーバイクロエ)」も兼任している。

  「レジオンドヌール勲章」は、文化や科学、産業、クリエーションなどの分野において卓越した功績を表彰することを目的に制定。2007年に「LANVIN(ランバン)」アーティスティック・ディレクターのアルベール・エルバス、2011年にアメリカ版「VOGUE(ヴォーグ)」編集長のアナ・ウィンターなどが受章している。