梨花のマスコット「Rinka chan」が人気に

写真拡大

 梨花がディレクションする東京・代官山のライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」の隠れたヒット商品であるマスコット「Rinka chan」のクリスマスバージョンが12月17日に発売される。公式オンラインストアでは毎回約5分で完売になり、店頭にも行列ができるという。

梨花のマスコット「Rinka chan」が人気にの画像を拡大

 「Rinkachan」は梨花のオリジナルキャラクターで、「MAISON DE REEFUR」では2012年4月のオープンからストラップ型のマスコットとしてノベルティを含め8つの限定バージョンが販売され、いずれも人気を集めてきた。2013年のクリスマスに合わせて販売されるのは「ジングルベルRinka chan」で、ポンポン付きの帽子をかぶり、手にはベルを持っている。MAISON DE REEFUR代官山店とREEFUR WEB SHOPで販売され、価格は945円。

 「MAISON DE REEFUR」の2013年クリスマスのテーマは「KING&QUEEN」。店内はホワイトクリスマスをイメージさせる雪や白樺、オーナメントなどが飾られ、日本のセレクトショップ初となる「Chloé(クロエ)」のポップアップストアがオープン。ホリデーシーズンの限定アイテムとして、オリジナルのスノードームや、パリ在住のイラストレーター クリストフが描き下ろしたキングやクイーンのコミカルなイラスト入りのグッズなどが販売されている。また、2階のカフェレストラン「Rosalie(ロザリー)」では限定メニューが用意され、「Rinka Chan」の顔がココアパウダーで描かれた限定デザートが人気だという。

■MAISON DE REEFUR / Rosalie
 住所:東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザビル1F / 2F
 営業時間:1F 11:00〜20:00 不定休 / 2F 8:00〜21:00 不定休
 TEL:0120-298-133(ジュンカスタマーセンター)
 URL:http://www.maisondereefur.com/