日本勢最上位でフィニッシュした河野、疲れはあるだろうが充実感のある表情をしていた(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフ選手権 最終日◇15日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフ選手権」の最終日。世界の一流プレーヤーが多数出場するフィールドで、日本の若武者が4位タイと上位でフィニッシュした。
石川遼の一打速報で大会を振り返る!
 この大会が海外で2試合目の河野祐輝。3日目に6位タイまで順位を上げ、「燃え尽きました」と話していたが、この日は4バーディ・1ボギーの69でラウンド。最終日の厳しいピン位置でもスコアを3つ伸ばしトータル13アンダー4位タイで競技を終えた。
 「もともと体力面に課題はあった」という河野は、猛暑もありこの3日間でかなりの体力を消耗していた。出だしの1番では80センチのパーパットを外してしまいボギー発進。2番のパー5でバーディを奪い取り返すと、8番でもバーディを奪取。しかし「パットがおかしかった」と最初からパットに違和感を抱えたままラウンドしていたという。
 その後はスコアを伸ばせず迎えた終盤の16番。パッティング時に「グリップに力が入りすぎているのに気がつきました」。これで本来のパッティングを取り返すと17番パー3で6メートル、続く最終18番でも6メートルを沈め連続バーディフィニッシュ。18番では大きなガッツポーズを見せ、タイのギャラリーからも大きな歓声と拍手を受けた。
 この結果に「感無量です!」と笑顔を見せた河野。世界と自分の差を測るために出場したこの大会で上位に入り「すごく自信になりました」と大きな収穫を手にした。3日目まででかなり疲労困憊の状態だったが、昨晩3年間付き合っている年上の婚約者から「今日は頑張ったね。明日ももう少し頑張って上に上がれるよう頑張りなさい」とハッパをかけられた。
 「体力不足で集中力が切れるのが課題だった」が、この日は愛する人からのエールもあり、最後まで「やり切りました」。下半身に疲労がたまると、グリップ圧が強くなるという悪いクセも見つけることができ「気付けてよかった。いいヒントがもらえたと思う」とさらなるレベルアップのきっかけもつかめた。
 この大会では「日本ツアーだとすぐイライラしてしまっていたけど、この大会ではチャレンジ精神をもって臨めた」と最後まで諦めず喰らいつこうという気持ちが好成績を呼び込んだ。この4日間で大きく成長した河野、この結果を胸に「オフは体力トレーニングと全体的な技術向上を目指したい」とさらなる飛躍を誓った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
河野祐輝が日本勢最上位の6位Tで最終日へ!
最強ツアーはどこ?3ツアーズ優勝チーム予想
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング