全選手が安定して力を発揮したJGTOチーム(撮影:ALBA)

写真拡大

<Hitachi 3ツアーズチャンピオンシップ2013 ◇15日◇平川カントリークラブ>
 千葉県にある平川カントリークラブを舞台に開催されたLPGA、JGTO、PGAの対抗戦「Hitachi 3ツアーズチャンピオンシップ2013」。結果は午前中の1stステージでリードを奪ったJGTOチームがシングルス戦でも最多となる14ptを加算し、トータル21.5ptで2010年大会以来となる優勝を果たした。
最強ツアーはどこ?3ツアーズ優勝チーム予想
 午前中のダブルス戦で2位のLPGAチームに2pt差をつけたJGTOチームが終始有利に試合を進めた。第1組でプレーした松村道央は序盤からノーバーディの苦しいプレーでPGAチームの東聡に3ptを奪われたが、第2組の小平智が17番でホールインワンを達成する活躍で3ptを奪取。続く第3組の藤本佳則は好調なアン・ソンジュ(韓国)に独走を許し3ptを奪われてしまうが、残る3組は小田孔明3pt、池田勇太2.5pt、片山晋呉3ptと他を寄せ付けないプレーを披露。終わってみれば2位のPGAチームに4ptをつける大勝でJGTOチームが大会5勝目を達成した。
 キャプテンの片山晋呉は「僕がキャプテンになって勝つことができて、ホッとしている。素直に嬉しく思います」と喜びの声。開幕前、期待を寄せた松村については、「やっぱり山じゃなくて村だったね」と冗談っぽく話して笑いを誘った。
 大会MVPに輝いた大会初出場の小平智は「やはりチーム戦なので、プレッシャーはありました」と普段とは違うフォーマットの試合に緊張していたようだが、「シングルス戦では自分のゴルフができて気持ち良く回れたし、シニアや女子の普段回ることができない人たちと回れて楽しかったです」と大会を振り返った。
 昨年大会ではPGAチームが2発のチップインで逆転する劇的な幕切れとなったが、今大会は第5組で池田が2.5ptを獲得した時点で勝敗が決するなど、JGTOチームの安定した実力が光った大会となった。
【最終結果】
1位:JGTO(21.5pt)
2位:PGA(17.5pt)
3位:LPGA(15pt)
【2ndステージ】
第1組 松村道央(+3)1.5pt
    東聡(+1)3pt
    堀奈津佳(+3)1.5pt
第2組 小平智(-3)3pt
    奥田靖己(E)1pt
    吉田弓美子(-1)2pt
第3組 藤本佳則(+2)1pt
    羽川豊(+1)2pt
    アン・ソンジュ(-3)3pt
第4組 小田孔明(-3)3pt
    渡辺司(E)2pt
    比嘉真美子(+1)1pt
第5組 池田勇太(+1)2.5pt
    井戸木鴻樹(+1)2.5pt
    森田理香子(+3)
第6組 片山晋呉(-1)3pt
    室田淳(E)2pt
    佐伯三貴(+2)1pt

【1stステージ】
第1組 JGTO(松村道央、小平智)(E)2.5pt
    PGA (東聡、奥田靖己)(+4)1pt
    LPGA(吉田弓美子、堀奈津佳)(E)2.5pt
第2組 JGTO(池田勇太、藤本佳則)(-1)3pt
    PGA (渡辺司、羽川豊)(+6)1pt
    LPGA(森田理香子、アン・ソンジュ)(+5)2pt
第3組 JGTO(片山晋呉、小田孔明)(+1)2pt
    PGA (室田淳、井戸木鴻樹)(-2)3pt
    LPGA(佐伯三貴、比嘉真美子)(+3)1pt
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、首に違和感も23位に浮上「スイングに影響はありません」
石川遼の一打速報で大会をプレーを振り返る!
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング