60代男性がこんな涙ぐましい体験を語る。「公衆トイレで用を済ませ、チャックを閉じてから、おしっこがポタッとズボンにつくことが時々ある。そんな時は染み出したのがわからないように、手を洗った後、わざと拭かずにパッパッとズボンで払い、水滴のシミをつけて誤魔化して……。ホント、情けないですよ」──。

 特に冬は汗をあまりかかないのでトイレが近くなりやすいうえ、年末年始の旅行などで長期間出かける機会も多い。失禁や尿漏れの心配の度合いが増す時期だ。

 排泄ケア商品の開発販売会社ニシキの排泄ケア相談担当を務める長谷川裕一氏によれば、50歳以上の男性の3〜4割は「ちょろっと漏れ」の経験者だという。

「尿漏れは女性特有の悩みと思われがちですが、必ずしもそうではない。ちょろっとという感じの尿漏れは男性にも頻繁に起きていて、ズボンにまで染み出すこともあります」(長谷川氏)

 女性の場合、尿道が3〜4センチと短く、骨盤底筋の筋肉量が少ないため、もともと尿道を締める力が弱い構造になっている。そのため、出産や加齢によって尿漏れをしやすく、中高年女性の多くが悩みを抱えている。

 一方、男性の尿漏れの多くは、筋力低下と前立腺の肥大が原因だ。男性の尿道の長さは約20センチ。前立腺はその途中にある、精液の一部を作っている男性にしかない臓器だ。

「前立腺はクルミほどの大きさですが、加齢とともに大きく膨らんでいく。これが病的な状態になったものが前立腺肥大で、膀胱や尿道が圧迫されることにより、尿が出にくい、尿漏れ、頻尿といった尿関係のトラブルの原因になる。現在では50歳以上の3〜4人に1人は前立腺が肥大しているといわれています」(長谷川氏)

 さらに80歳以上になると、日本人男性の実に80%が前立腺肥大症になるという。

 尿漏れの悩みは誰にとっても他人事ではない。事実、最近では失禁や尿漏れ対策として、おむつを着用する男性が増えている。それを示す数値もある。

 大人用おむつ市場はこの10年間で2倍に拡大し、市場シェアトップのユニ・チャームでは、大人用おむつの売り上げが既に乳児用を上回っている。他のメーカーも、数年以内には大人用おむつが乳児用を上回る見通しだ。

 大手メーカーの調べによれば、現在の大人用おむつの市場規模は約1200億円。「介護用品」のイメージが強いが、実は病院や介護施設などで使われているのはそのうち500億円程度。それ以外の700億円は、在宅や日常のシーンで使われる一般用だという。

 今回、取材したメーカーの調べによれば、おむつの使用開始年齢は60代半ばから70代。だが生理用ナプキンなどを使い慣れている女性とは違い、男性は恥ずかしくて誰にも相談できずに悩んでいるケースも多い。

 たしかに、男性にとって、ドラッグストアなどの店頭でおむつの相談をするのはかなり勇気がいる。介護アイテムを扱うケアーメディカルの石川小百合社長の話。

「“恥ずかしいことではない”と頭ではわかっていても、実際にお店にいって“尿漏れパッドをください”とはなかなか言いにくいもの。ドラッグストアの店員に知識が乏しい場合もあります」

 だからこそ、自分でおむつについて知っておくことが必要なのだ。

※週刊ポスト2013年12月20・27日号