スノーシュー2014年モデル

写真拡大

自転車やアウトドア用品の開発・販売を手がけるビーズ(大阪府東大阪市)は2013年12月、同社のDOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)ブランドから、気軽なウィンターレジャーとして注目されているスノーシュー2014 年モデルを発売した。

全身のコーディネートにも配慮

スノーシューは雪上で足が沈み込むことなく、らくらくと歩行することのできる道具。新潟県の池の平スノーシューイングガイド協会によると、スノーシューは雪の上を歩くだけの手軽さながら、ウォーキングの2〜5倍の運動量があると言われている。

2014 年モデルでは、流行柄や色を取り入れ、おしゃれ感覚で始められるようなデザインとした。同じ柄・色のトレッキングポールとのセットも発売し、全身のコーディネートにも配慮している。

価格はスノーシューのみのタイプで9030円から1万290円。トレッキングポールとのセットは1万3650円から1万4910円。