左より羽多野渉、江口拓也
人気マンガを音声付きで楽しむ。dビデオが提供する新感覚のサービス「ムービーコミック」がイオンシネマとコラボし、映画の巨大スクリーンでコミックを読む史上初のイベントを開催。13日、東京・イオンシネマ板橋に人気イケメン声優の羽多野渉、江口拓也がトークショーを行った。

「ムービーコミック」は原作コミックをコマごとに分解し、再構成し、セリフとサウンドを加え、原作の躍動感を際出させた“動く”マンガ。アクションマンガはさらにハラハラドキドキ、恋愛マンガのあのセリフは甘〜い声で楽しむ事が出来る夢の様なサービスなのである。

この日イベントに登場した羽多野渉は『FAIRY TAIL』のガジル役や、2013年は10以上の作品に起用される人気声優。江口拓也は、『GOSICK -ゴシック-』の久城一弥など、デビューから5年で様々な作品に出演する今大注目の声優だ。

実力のみならずルックスも抜群の2人。突然、映画館の後ろから登場すると集まった女性ファンからは悲鳴にも似た歓声が。身長187cmの江口を羽多野が『
進撃の巨人』に例えるなど、和やかな雰囲気でトークはスタートした。

dビデオのムービーコミックでは『GTO』『今日、恋をはじめます』などでキャラクターボイスを担当する2人。江口が「最近半身浴中にモンハンをやっています」と話すと羽多野が「お風呂で出来ちゃうの!?」とオネエ風に驚き、江口もそれに乗っかるなど日頃は漫才の様なやりとりをしているが、この日は集まった女性ファンの為に甘い声も披露。

「せりふBOX」と書かれた箱からMCがクジを引き、恋愛マンガの名セリフに挑戦、会場の拍手が大きかった方が勝ちというコーナーでは、2人の対決も。この日会場でも上映された『今日、恋をはじめます』の「あんたの初体験は俺が全部奪ってやる」というSっ気たっぷりのセリフを演じきった羽多野のイケメンボイスにはファン達もクラクラ。

名作中の名作『タッチ』の「上杉達也は世界中の誰よりも浅倉南を愛しています」というセリフに挑んだ江口は「これは一回やってみたかった!」と興奮しきり。僅差で羽多野に勝利した。

「赤ちゃん言葉で口説き文句を」という無茶ぶりに挑戦した羽多野は「声を高くしすぎて虫みたいになっちゃいました……」と撃沈。勝利したのに結局「ジェイソンの物まねで口説き文句を」という罰ゲームに挑んだ江口は「ジェイソンって劇中では一度もチェーンソーを使ってないんだぜ」となぜか雑学を披露した。

「ムービーコミックという分野はここ数年で一気に発達して、時代進んだな〜思います。20日からは、僕も出演している『好きっていいなよ』の配信がスタートしますので、他の作品と一緒に楽しんでください」と羽多野。

話題の新作から何度も読み直したい名作まで勢揃いのdビデオのムービーコミック。年末年始は“イケメンボイス”と共に楽しんでみてはいかがだろうか。

「ドコモdビデオ」特集