河野はバッバ・ワトソンと同組でラウンド(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフ選手権 3日目◇13日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフ選手権」の3日目。18位タイから出た河野祐輝が7バーディ・ノーボギーの“65”をマーク。スコアを7つ伸ばし、一流プレーヤーが多数出場するこの大会でトータル10アンダー6位タイに順位を上げた。
石川遼の1打速報で3日目を振り返る!
 この日は昨年の「マスターズ」覇者、バッバ・ワトソン(米国)と同組でラウンド。「最初は緊張した」が2番パー5でバーディを獲ったことで落ち着き、「そこからは自分のプレーができました」。パット、ショット共好調でその後もバーディを量産、難関の14番ではピンチを迎えたが上手くしのいでノーボギーのラウンドとした。「海外でノーボギーで回れるのは自信になる」、河野は今回が海外2戦目。武者修行で乗り込んできたこの大会、自分のベストのプレーでグリーンが柔らかければという条件付だが「今日のように完璧なプレーができればいけるのでは」と自信を深めた。
 首位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)とは8打差。「正直、燃え尽きた感もありますが(笑)、自分の気持ちを奮い立たせて頑張りたいです」。泣いても笑っても明日が最後、上にはガルシア、ヘンリク・ステンソン、ジャスティン・ローズとビックネームが並ぶが、臆せず喰らいついて、大金星を挙げて欲しい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、首に違和感も23位に浮上「スイングに影響はありません」
遼、有言実行で27位タイに浮上!最後のボギーも「引き締まる」と前向き
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング