9番ティショットを右に曲げ打つ方向を佐藤キャディと話し合う(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフ選手権 3日目◇13日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフ選手権」の3日目。27位タイから出た石川遼は6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。この日もスコアを4つ伸ばし、トータル6アンダーで23位タイに浮上した。
石川遼の1打速報で3日目をプレーバック!
 石川は安定したショットを武器に1番でバーディを奪うと、6番から連続バーディを奪取。9番では1つ後退させるが、11番パー5で取り返す。難関の14番でこの日2つ目のボギーを叩いたものの、終盤の15番パー5と17番パー3でスコアを伸ばしフィニッシュ。土曜日になり石川の組にも昨日の倍以上のギャラリーがついたが、その前で切れ味鋭いショットを披露。今年も大勢のギャラリーがスタッフの制止にも関わらずカメラで撮影するなど、相変わらずのマナーの悪さだったがその中でも最後まで集中力を切らさずプレーした。
 心配なのは12番以降、たびたび首のストレッチをする姿が見られるようになったこと。「悪いショットをすると首がつまる感じがする」。良いショットをすると問題は無いそうで「スイングに影響はありません。むしろ指標になるのでは」と本人は笑ったが、来週は「ザ・ロイヤルトロフィ」もあるので長引かせたくはないだろう。手首や肩などの疲労が首に出たのではないかと自己分析し、「しっかりケアします」と話した。
 この日を「明日につながるラウンドになった」とホールアウト後に話した石川。セルヒオ・ガルシア(スペイン)がトータル18アンダーで首位を独走し、優勝は絶望的だが「少しでも上の順位にいきたい」とトップ10以内で終われるよう、明日も上を向いてプレーを続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、有言実行で27位タイに浮上!最後のボギーも「引き締まる」と前向き
石川遼の一打速報で3日目をプレーを振り返る!
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング