<タイ選手権 3日目◇14日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー70)>
 タイのアマタスプリングCCで開催中のアジアツアー「タイ選手権」。全選手が前半を終え、首位からスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算13アンダーで単独首位に立った。続く1打差の単独2位にはガルシアとともに首位スタートのジャスティン・ローズがつけ、さらにヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら3人が通算11アンダーで3位グループを形成している。
 
 ムービングーデーのこの日、多くの選手が次々にスコアを伸ばす中、日本勢もスコアを伸ばした。その中で河野祐輝が通算7アンダーにし12位タイに浮上した。1打差の通算6アンダー22位タイにはこの日7バーディ・1ボギーで6つ伸ばした小林正則と川村昌弘がつけ、さらに1打差の通算5アンダー25位タイに石川遼が続く。
 日本勢も伸ばしている3日目。このままの勢いで上位に食い込んでほしい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、有言実行で27位タイに浮上!最後のボギーも「引き締まる」と前向き
タイでもやります!一打速報配信中!
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング