写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO(GSL)」は、20代〜50代の男女176名を対象に「夫婦の住まい」に関する実態調査を実施した。調査期間は10月23日〜11月4日。

結婚相手と一緒に住んでいる人に「夫と妻、どちらがリードする事が多いですか?」と聞いたところ、58.5%が「妻」、41.5%が「夫」と回答した。家庭で妻がリードする"かかあ天下派"が約6割と、夫がリードする"亭主関白派"よりも多いことがわかる。

"かかあ天下派"からは、「『サッカーで言うところの監督は私(妻)、プレイヤー(夫)を上手く動かして!(指示しろ)』と言われた。夫に引っ張る力は無いと悟った」(34歳女性)や「義両親の誕生日や年末年始の帰省など、私から提案しないと何も動かない。行き当たりばったりは私自身が嫌なので自主的に動く」(28歳女性)などの意見が寄せられた。

一方、"亭主関白派"からは、「レストランで食事の時も、家を借りる時も、結婚式場を決めるときも…全てにおいて夫に決定権がある」(29歳女性)や、「提案は私からしますが、最終決定はいつも旦那。本当は私が強いかもしれないけど、旦那をたてておいた方が、お互い楽!」(28歳女性)、「夫にリードさせてあげていると見せかけた方が、いろいろとやりやすい。(32歳女性)」などのコメントが寄せられている。

「共働きですか?片働きですか?」という質問に対しては、67.1%が「共働き」、32.9%が「片働き」と回答し、夫婦の約7割が共働きである事がわかった。「家事分担」については、共働きカップルの半数以上が「分担している」と回答。一方、片働きカップルの家事分担は約3割と、共働きカップルの方が夫婦で家事を分担している割り合いが多いことがわかる。

そのほか、「結婚相手と一緒に暮らす上で、2人で決めているルール」を聞いたところ、「美味しいものを食べる、旅行する、映画を見る など、一緒に過ごす時間を大切にする」(29歳女性)、「一緒に寝る、記念日は毎月祝うは当然で、昼休みは電話。お金を引き出すときは事前に報告!!笑」(28歳女性)など、「一緒に●●(寝る、ご飯を食べる等)する」、「記念日は必ずお祝い」というコメントが複数みられる。

また、「『行ってきます』『行ってらっしゃい』『ただいま』『おかえり』『いただきます』『ごちそうさま』は必ず言う」(29歳女性)、「いってらっしゃいの時にチューをすること」(34歳女性)など「挨拶する」という意見も多く、「ルール」の中には「守らなければ罰金」という回答もあった。