●深く静かに潜入せよ

(画像:「アウトブレイク・カンパニー」公式Webサイトより)
©榊一郎・講談社/OBC製作委員会

<キャスト>
加納 慎一:花江夏樹
古賀沼 美埜里:内田真礼
的場 甚三郎:藤原啓治
ペトラルカ・アン・エルダント三世:渕上舞
ガリウス・エン・コルドバル:三木眞一郎
ザハール宰相:一条和矢
ミュセル・フォアラン:三森すずこ
エルビア・ハーナイマン:上坂すみれ
ロミルダ・ガルド:本多真梨子
ロイク・スレイソン:高橋孝治

●ストーリー
加納慎一は自宅警備員であった。およそ一年間に及ぶ自宅警備員の生活は親によって強制的に終了させられた。そんな慎一が切羽詰まった挙句に、就活で手にしたのは異世界でオタク文化を紹介し広める仕事だった。殆ど拉致に近い状態で慎一が連れてこられた先はドラゴンが普通に空を飛ぶ神聖エルダント帝国だった。そこで出会ったハーフエルフのミュセルや神聖エルダント帝国皇帝のペトラルカとも仲良くなり、慎一の仕事は順調に滑り出したかに思えた。そんな矢先に過激組織によるテロ事件が発生する。果たして慎一は「萌え」で世界を改革することが出来るのか。
●オープニング
加納 慎一が尖兵となり、神聖エルダント帝国へ広めたオタク文化。それもいつの間にか浸透し、ライトノベルの翻訳どころかオリジナルのライトノベルの執筆も出来る生徒も現れるほどその水準も高くなりました。

それ自体は彼の目論見通りかそれ以上と言えますが…。
●オタク文化による侵略行為
加納 慎一「今回も発注した分よりだいぶ少ないな。」

加納 慎一が的場 甚三郎経由で発注した漫画やライトノベル等が発注数より大幅に少ない点に若干の不満はあるものの、概ね順調に見えましたが…。

漫画やライトノベル等の需要に対する絶対的な供給数の不足、それが神聖エルダント帝国において一種の飢餓状態を生み出してしまいました。それが原因で各種生産や労働にまで悪影響が出ている状態になりますが…。

的場 甚三郎「飢餓感、結構なことじゃないか!」
加納 慎一「的場さん、まさか…。」


的場 甚三郎、というより自衛隊やその上の日本政府の本来の狙いはオタク文化による神聖エルダント帝国の侵略。この状態が更に進行し、漫画やライトノベル等の出荷を制限すれば…。

加納 慎一は○きこ○りで急に行方不明になっても誰も気付かない、それが彼を選定した一番の理由だったわけで…。

※オタク文化に詳しいというのは副次的な理由だったようです。
●アウトブレイク(伝染病)
古賀沼 美埜里「アウトブレイクね。」

神聖エルダント帝国には存在しなかったオタク文化はアウトブレイク(伝染病)のように広まっていき、特に皇帝であるペトラルカが自らオタク文化を高く評価していったのですが…。

自身のしてきた事が侵略行為であったことを認識した加納 慎一は再び○きこ○ります。もちろんそんな状態は長く出来るわけはないのですが…。

そんな彼を最も心配しているのはミュセル。彼女は得意のオムライスへの絵文字でエールを送ります。

加納 慎一「ミュセル、僕は侵略者だったんだ!僕はこの国にいない方が良いかもしれない…。」

そんな加納 慎一に対してミュセルは非難どころか彼に感謝します。それは彼女にとって愛なのかもしれません。

そして加納 慎一が出した結論とは!
●加納 慎一の提案
的場 甚三郎「慎一君、急に皇帝陛下に謁見とは。これは我々の方針を理解してくれたということなのかな?」
加納 慎一「ええ、オタク文化を広める方向で!」


それは何かと言えば…。

加納 慎一「オタク文化を更に広めるためにアミュテックから神聖エルダント帝国に対して提案がありまして。」
ペトラルカ「提案?」


加納 慎一の提案とは神聖エルダント帝国オリジナルのオタク文化の構築、つまり漫画やライトノベルやアニメ等を自国で作る事。確かにこれが出来れば日本政府からの輸入に頼らなくても大丈夫な体制になりますが…。もちろん、ペトラルカを含めた神聖エルダント帝国は全面的に賛成します。

彼のこのような展開を意図していない的場 甚三郎の考えや如何に。

「アウトブレイク・カンパニー」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第10話「映画を作ろう!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第9話「水着回はモ○ゾーとキッコ○」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第8話「NHKにようこそ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第7話「異文化の実践研究」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第6話「身分と差別の壁を破る」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「アウトブレイク・カンパニー」TVアニメ公式Webサイト