さすが石川!有言実行で決勝Rへ(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフ選手権 2日目◇12日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイゴルフ選手権」の2日目。初日、2オーバー70位タイと出遅れた石川遼。「明日は3〜4アンダーを出して挽回したい」と話していたが、その言葉通りこの日は5バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。スコアを4つ伸ばしトータル2アンダー27位タイに浮上した。
タイでもやります!一打速報で2日目を振り返る!
 石川は2番パー5で105ヤードの3打目をピン奥3メートルにつけバーディを奪取。続く3番でもスコアを伸ばし、トータルイーブンパーで折り返す。後半に入っても10番でセカンドショットを1.3メートルにつけバーディを先行させる。14番ではティショットでフェアウェイセンターを捉えるも、ボールはディボットに。「ボールだけバンカーにある感じ」になってしまったが。「ここまでの内容が良かったので気持ちに余裕がありました」とグリーンに乗せることに集中。狙い通りの低いフェードボールで3メートルにつけると、ここでもバーディを奪う。終盤16番でも5メートルを決めさらにスコアを伸ばしたが、最終18番では同組の二人が池のある左にボールを曲げたのを見て「ボディブローのように効きました」と無意識の恐怖心からボールは右へ。グリーンに乗せられず、アプローチは約1メートルに寄せたものの、決めきれずにボギーフィニッシュとしてしまった。
 しかし、この最後のボギーで「明日も気が引き締まります」と好調なショットを背景に本人はいたって前向き。パットも、初日より「いい回転で打てていた」と全体的に好調でプレー内容にはかなりの手ごたえを感じている様子だった。無事に決勝ラウンドに駒を進め残りは2日間、「明日20位以内に持っていければ、最終日にはトップ10を狙いにいける」。この日のようなプレーを続け、1つでも上の順位を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼「終わりが悪かった」、終盤にスコア崩し出遅れ70位T
“若き職人”川村昌弘が安定したショットで10位タイと好発進
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング