シャングリ・ラ ホテル 東京でレストランウェディングを開始 「ニコライ・バーグマン」、「オルガンザ」とのコラボが実現!
シャングリ・ラ ホテル 東京オリジナルドレス.jpgシャングリ・ラ ホテル 東京は、シグネチャーレストランであるイタリアン「ピャチェーレ」でのレストランウェディングの開始を記念して、コンテンポラリーなフラワーデザインで人気の「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」のニコライ・バーグマンと、最高級シルクを使い、洗練されたウェディングドレスを提案する「オルガンザ」の根本央子とのコラボレーションによる、オリジナルのウェディングドレスを制作しました。

(写真は、シャングリ・ラ ホテル 東京のレストランウェディングのイメージ)
デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・ バーグマンは、彼のシグネチャーアイテム“フラワーボックス”を発案したことをきっかけに、日本で独自のフラワーアレンジメントのスタイルを築きあげました。ヨーロピアンスタイルに北欧スタイルのセンスと細部にこだわる和の感性を調和させた、ユニークなスタイルで創りだす彼のフラワーデザインは人気が高く、シャングリ・ラ ホテル 東京のウェディングにおいても、お客さまが心に描くイメージを形にし、花だけではなく、ひとつの体験を届けます。
 
「オルガンザ」は最新のモードと普遍の花嫁像が統合した“シンプル&モダン”を提案するドレスショップ。オーナーデザイナー、根本央子によるこだわりのオートクチュールドレスは、最先端の流行を取り入れながらもシンプルでラインが美しく、イタリア製シルク素材やヨーロッパ生まれの気品高く繊細なレースを使うなど、仕立てはどれも最高のものばかりを取り揃えています。
 
ニコライ・バーグマンが初めて手掛けたウェディングドレスは、北欧スタイルに独自の「和」のセンスが加味されたスタイリッシュな感性を生かしたデザイン。そして「オルガンザ」オーナーデザイナーの根本央子が、ウェディングドレスとしての完璧な形に昇華させました。フラワーアーティストのデザインらしく、ブーケが映えるよう、極限までシンプルながらもディテールにこだわり、格調高い洗練されたウェディングドレスに仕上がっています。イタリアのシルクを使ったビスチェドレスに、ニコライ・バーグマン自ら選んだ銀糸の入ったシルクで作った、着物の帯を連想させるようなウエストベルトがアクセントになっています。また、ベルトの結びから流れるトレーンが、シルエットをさらに美しく見せ、バックスタイルにノーブルな雰囲気を高めます。
 
いまだかつてない、“フラワーアーティスト”と“ドレスデザイナー”と“ホテル”によるコラボレーションドレス。「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」のニコライ・バーグマン、「オルガンザ」の根本奈央子、シャングリ・ラ ホテル 東京のイタリアンレストラン「ピャチェーレ」の三者が創り出す究極のウェディングドレスが、新婦をより一層輝かせ、人生最良の日を演出します。
 
詳細、お問い合わせは、ウェディングセンター03-6739-7885、もしくはhttp://heavenlyweddings.co.jp/をご覧ください。

シャングリ・ラ ホテル 東京オリジナルドレス.jpg
 
 
【ピャチェーレ ウェディングについて】
イタリア語で“喜び”を意味する名前の「ピャチェーレ」は、イタリア出身のシェフによる、シンプルでクリエイティブなモダン・イタリア料理を提供する、シャングリ・ラ ホテル 東京のシグネチャーレストランです。イタリアのお屋敷の豪華なグランドダイニングへのオマージュを表現した店内は、ドルチェ ヴィータ(甘い生活)を現代風に解釈したインテリア。2フロア分の吹き抜けの天井にベネチアングラスのシャンデリアが下がり、全面窓、ユニークな家具、地中海の温かな色使いにより、力強く大胆でありながら、洗練された美しいデザインです。窓からは丸の内や皇居が見渡せ、昼間は解放感溢れる、夜はドラマティックな雰囲気の中、30〜60名の親族や親しい友人のみでプライベートかつエクスクルーシブな披露パーティーを実現します。料理は「ピャチェーレ」のトスカーナ出身のシェフ、パオロ・ぺロシが、お二人と相談しながら、お二人のためだけのオリジナルメニューを提案します。二人の思い出のお料理、季節を楽しむ旬の食材、またその産地にこだわりながら、シェフ、パオロ・ぺロシがひと皿ひと皿に祝福の思いを込めて作ります。ウェディングドレスは最高級シルクを使い、洗練されたウェディングドレスを提案する「オルガンザ」、ヘアメイクは花嫁の「なりたい」をかなえてくれる高いテクニックとアレンジセンスを持つ「アクロシェ・クール」、ブーケと装花はコンテンポラリーなデザインのフラワーアレンジメントで有名な「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」が担当します。
 
 
 【問】ピャチェーレ tel:03-6739-7898           
 URL:http://www.shangri-la.com


■関連記事
アンディ・ウォーホルの3rdジェネレーションのローランド ベリーの世界初フラッグショップが渋谷にオープン
GUCCI MUSEOにある歴史的アイテムをKITTEで期間限定公開!
干場義雅と岸田一郎がロベルト カヴァリのトークショーを 東京(11月29日)、大阪(12月6日)で開催!