大学ラグビーは佳境を迎え、いよいよ第50回全国大学選手権の第2ステージが始まった。王者・帝京大は朝日大戦を102−5の「百点ゲーム」でA組初戦を飾り、追う早稲田大(D組)、筑波大(B組)、明治大(C組)も白星スタートを切った。焦点は、帝京大の空前の5連覇なるか、である。

 これまでの戦いぶりを見ると、帝京大の強さが抜けている。関東大学対抗戦では、12月1日の最終戦で慶応大を75−0で圧倒し、全勝優勝を果たした。なんと言っても、一人ひとりの体幹、フィジカルがしっかりしている。立ってボールをつなごうとの意識が高く、FW、バックスとも簡単に倒れないのだ。

 大学5連覇だけでなく、『打倒!トップリーグ4強』も目標に置いているからだろう、帝京大は今季、体づくりのトレーニングの質量もコンタクト練習も増えた。選手層が厚く、熾烈な部内競争がレベルをさらに押し上げている。

「(攻守の)バランスを重視しています。バックスで行くところ、FWで行くところ、キックでエリアを取るところを考えています」と、日本代表経験を持つSO中村亮土(りょうと)主将は言う。ラグビースタイルは、従来の強力FW重視から、スピード豊かなバックスを加えた「トータルラグビー」に変ぼうした。とくに敵陣ゴール前での圧力は凄まじい。

 レベルの高さは、もはや外国人選手が試合で目立たないことを見ればわかる。負傷で戦線離脱していたCTB権裕人(こん・ゆいん)、FB竹田宣純も復帰の見通し。あえて不安を挙げるとすれば、スクラムぐらいか。

『打倒!帝京大』の一番手は、上昇気流に乗る早大だろう。帝京大とのマッチアップを考えると、スクラムに自信を持っていることが大きい。右プロップ垣永真之介主将ほか、左プロップ大瀧祐司、フッカー須藤拓輝(たくる)とならぶ4年生フロントロー陣の結束は固い。うしろ5人(ロックとフランカー、NO8)の押しも強く、低くて「8人が塊(かたまり)となっている」(須藤)。

 早大のスタイルは、スクラム、ラインアウトのセットプレイを軸としたハイテンポなラグビー。ディフェンスも堅い。今年、帝京大には3敗ながらも、拮抗した試合ばかりだった。対抗戦では、スクラムで優位に立った。

 帝京大は例年、大学選手権でスクラムをもう一段パワーアップしてくるが、早大がスクラムで圧倒し、相手リズムを狂わせれば、展開は面白くなる。

 勝機は、早慶戦で対抗戦デビューした日本代表のFB藤田慶和の活躍次第だろう。金正奎(きん・しょうけい)とCTBから転向した布巻峻介の両フランカーは絶好調。バックスラインも整備されてきており、藤田がラインブレイク、ハーフ団がうまくさばいて、連続攻撃からのトライが必勝パターンか。

 ポイントはブレイクダウンとキックの精度、ラスト20分のゲームマネジメントだろう。ゴール前のディフェンス機会を極力、減らしたい。そこで大きく強い帝京大FWをどう止めるか。心配なのは、早明戦で負傷退場したSO小倉順平の復調具合だ。

 後藤禎和監督は言った。「帝京大との距離は縮まっている。プレイの精度を高めていけば、必ず逆転できます」と。もっとも準決勝(2014年1月2日)で筑波大と当たるようだと、そこもまた、正念場となる。

 前回準優勝の筑波大も、『打倒!帝京大』の期待がかかる。FW力は落ちたが、切り返しからの「全員ラグビー」は健在である。生きたボールさえ出れば、先のスコットランド戦で2トライを挙げた日本代表WTBの福岡堅樹の足が生きる。

 筑波大の大型新人、SO山沢拓也(埼玉・深谷高)のフレア(ひらめき)豊かなプレイも楽しみだ。準決勝進出のためには、まずはB組の第2ステージ第3戦(12月22日)で関東大学リーグ戦覇者の流通経済大を倒さなければならない。

 C組の明大は、ゲーム運びに散漫な部分があるが、個々の潜在能力は高い。まとまれば怖い。第2ステージ第2戦(12月15日・秩父宮)の慶大戦が試金石となる。丹羽政彦監督は「絶対、正月超え」(1月2日の準決勝まで勝ち残る)と言い切る。「スクラム、ブレイクダウン、ラインアタック、ディフェンス......。すべてにおいてクオリティーを上げないといけない」

 残りの第2ステージは、15日と22日に行なわれる。各組1位が来年1月2日の準決勝に進出する。同ステージの成績(勝ち点など)により、1位×4位、2位×3位という組み合わせとなる。

松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu