自殺職員の39万円着服を市が認定

ざっくり言うと

  • 岸和田市の職員が、健康保険料の着服の疑いで事情を聞かれた後に自殺した問題
  • 市は、この職員が着服したと認定し総額が5人分計39万5200円だったと発表
  • 苦情を受け、市は2月に事情を聞いたが、職員に翌朝に自殺した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング