12月21日発売のダイヤモンド・ザイに掲載する 「買い」の3銘柄を先行公開しちゃいます!

写真拡大

12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2月号の特集は、9月売りの11月号で大人気だった『誰もが気になる500銘柄の「激辛」診断!』の2014年新春版。今回は発売まで待てないという読者の方々のために「買い」判断が点灯した株を3銘柄、先行して公開します。

「NISA向き」「高配当」「優待あり」などのマーク付き!
10万円株も227銘柄掲載で「売り」「買い」もズバリ!

 日経平均は1万5000円を超え、5月23日の高値に迫りつつある中、500銘柄の中にも5月の高値を超える株が出現。各銘柄の現在の株価は、はたして割安なのか、割高なのか。

 最新の決算の評価から、チャート診断、理論株価との比較、今後3カ月間の予測高値&安値まで多岐にわたる視点でわかりやすく大分析を行なっているのが、12月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ2月号だ。

 今回の大特集では、人気500銘柄に、2014年から始まる「NISA(少額投資非課税制度)向け」や「高配当株」「2014年に注目のテーマ株」などのマークをつけたほか、分析コメントも株式投資の専門用語をできるだけ使わないようにしたため、読みやすさ、わかりやすさは前回以上となっている。

 今回取り上げた注目テーマは、

1.NISA向け高配当株
2.和食の世界遺産登録
3.消費税アップ
4.LINE3億人
5.減反廃止
6.山手線新駅構想
7.あべのハルカス
8.新指数・JPX日経400
9.日中少子化対策
10.自然派ビューティ

の10テーマ。これらのテーマ株がサクサク探せるようになっている。

 また、掲載した500銘柄のうち10万円株が何と227銘柄もある上、「買い」の投資判断となった株は99銘柄に。

 さて、この500銘柄の中から先行公開する買いの3銘柄は、ヤフー、JPホールディングス、オンコセラピー・サイエンスで、いずれも5万円台以下で買える。各銘柄の業績や株価とともに分析コメントをぜひ読んでみてほしい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)