トミーがベドウィン渡辺真史を起用 カプセルコレクション発表

写真拡大

 「TOMMY(トミー)」が、「BEDWIN & THE HEARTBREAKERS(ベドウィン アンド ザ ハートブレイカーズ)」ディレクターの渡辺真史を起用したメンズカプセルコレクション「M.W FOR TOMMY」を発表した。2014年春夏、2014-15年秋冬コレクションの展開が決まっており、今期は80年代から90年代のテイストを今のシルエットにリプロダクトした商品を展開。「TOMMY」直営店やセレクトショップでの販売を予定している。

トミー×渡辺真史のカプセルコレクションの画像を拡大

 「M.W FOR TOMMY」は、「TOMMY」からのオファーがきっかけで誕生したコレクションで、若い世代に向けてクリエイションを発信したい考えていた渡辺真史と若者から支持を得ている「TOMMY」のブランドイメージが合致したため実現したという。今シーズンはアメリカのヒップホップデュオOutKastの楽曲「SLUM BEAUTIFUL」からインスパイアされたコレクションを発表。80年代から90年代の渋谷、原宿の若者の群像をアイテムに落とし込んだというラガーシャツやフード付きスウェット、Vネックニット、ジャケットなどを展開。「Gramicci(グラミチ)」や「Champion(チャンピオン)」「New Era(ニューエラ)」とのコラボレーションアイテムも販売される。価格帯はパンツで12,000円、ジャケットで25,000円。

 2004年に「TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)」の別ラインとしてデビューした「TOMMY」は、「NEW YORK DOWNTOWN PREP with TOKYO TWIST」をコンセプトに、NYのダウンタウンと東京カルチャーをミックスした次世代プレッピースタイルを提案。2014年春夏コレクション「WEST COASTER」では、東京の都会的要素とアメリカ西海岸のテイストをミックスさせたアイテムを発表した。