<ネルソン・マンデラ選手権 2日目◇12日◇マウントエッジコムCC(6,612ヤード・パー70)>
 南アフリカにあるマウントエッジコムCCで開幕した欧州男子ツアー「ネルソン・マンデラ選手権」。大会初日は大雨の影響で7時間遅れのスタートでサスペンデッド。迎えた2日目もコースコンディション不良のため62名もの選手が第1ラウンドを消化できずに再びサスペンデッドとなった。現地時間12日(金)の6時より第1ラウンドを、第2ラウンドは6時40分に再開する予定となっている。
 暫定ながら現在首位に立っているのは初日に第1ラウンドをホールアウトしたイングランドのダニエル・ブルックスが8アンダーでたっている。1打差の暫定2位にはフランスのフランソワ・カルメン。さらに6アンダー暫定3位にはエドアルド・デュボワ(フランス)、ロメイン・ワテル(フランス)、地元南アフリカのオリバー・ベッカーと続いている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼「終わりが悪かった」、終盤にスコア崩し出遅れ70位T
「ダイヤモンドカップゴルフ」がアジアパシフィックオープンへ
タイでもやります!石川遼の一打速報!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング