写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グローバルエージェンツとインテリックスが共同開発した「ソーシャルアパートメント原宿」(東京都渋谷区)が、2014年2月にオープンする。

○全戸にトイレとシャワー

ソーシャルアパートメントとは、賃貸マンション内にラウンジなどを設置することで住人間の交流を促進させる仕組みを持った共同住宅。同施設は、ソーシャルアパートメントとしては初の新築プロジェクトとなっている。

ラウンジは約50平方メートルで、ライブラリーを併設。書籍がインテリアとなるような先進性とアカデミックさを感じさせるデザインを目指す。また、全戸がトイレ・シャワー付き1Rの間取り構成。

場所は、東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3(以下未定)で、世帯数は32戸。平均賃料は約12万円となっている。