初コミケでディズニー激レア券、「エンダーのゲーム」W特典前売券。

写真拡大

ディズニー・スタジオ・ジャパンは、この冬公開する映画「エンダーのゲーム」のコミケ限定特典付きスペシャル前売り券を、初参戦する「コミックマーケット85」(12月29日から31日まで開催)企業ブースで発売する。特典は、人気絵師が「エンダーのゲーム」をイメージしたイラスト集と、吹替版声優陣によるスペシャルガイドCDの激レアW特典だ。

「エンダーのゲーム」は、アニメ大国・日本の多くのクリエイターや声優などに影響を与え、その深淵な世界観やスケールの大きさから、長年にわたり映像化不可能と言われてきた作品。宇宙戦争を“終わらせる使命”を背負って生まれた少年戦士エンダーの挫折と成長を描いたヒューマン・ドラマで、11月1日(金)に全米公開されると瞬く間にNo.1ヒットを獲得した。

そんな本作に影響を受けたひとりで、「カードファイト!! ヴァンガード」の伊藤彰は「数十年も前にSF好きの友人にこの作品を薦められて拝読しましたが、今なお楽しく読み進めた記憶が蘇ります。エンダーやビーン、ヴァレンタインなど、とても魅力的なキャラクターは、今なお輝いています」と「エンダーのゲーム」を思い返している。

さらに、まだ名前は明かされていないが、彼を含めた6人の超人気絵師たちによる映画「エンダーのゲーム」のためだけに描き下ろすイラストが収録される激レア“人気絵師達によるイメージイラスト集”がコミケ限定特典となった。

この決定を受け、特典のイラストの一部を公開した伊藤は「ネットの情報で映画製作を知った時から(映画公開を)とても楽しみに待っていました。今回、大ファンの作品のイラストを描く機会に出会えてとても嬉しいです」と喜びのコメントを寄せている。

また、もうひとつの特典“豪華吹替版声優陣によるスペシャルガイドCD”は、逢坂良太(エンダー役)、佐藤聡美(ペトラ役)、白石涼子(ヴァレンタイン役)、沢城みゆき(ビーン役)、桑島法子(アーライ役)ら、人気声優5人が映画「エンダーのゲーム」の魅力や演じたキャラクターについて生声で熱く語る内容。ファン必聴のマストアイテムだ。

映画「エンダーのゲーム」は2014年1月18日(土)全国公開。