写真提供:マイナビニュース

写真拡大

相模鉄道は大みそかから元日にかけて終夜運転を行うとともに、12月28日から1月5日までを土休日ダイヤで運行する。

終夜運転では、本線で上下各4本、いずみ野線で上下各3本の臨時列車を増発。本線では通常の終電であるかしわ台行(横浜駅0時27分発、かしわ台駅1時06分着)を海老名駅まで延長運転する。海老名駅到着は1時09分。また、通常の始発電車であるかしわ台発の電車(かしわ台駅4時45分発、横浜駅5時19分着)も海老名始発(4時41分発)とする。

いずみ野線でも、通常の終電である湘南台行の運転時刻を0時46分から0時49分へと変更するとともに、通常の始発電車であるいずみ野発の電車(いずみ野駅4時51分発、二俣川駅5時0分着)を湘南台始発(4時43分発)に変更し、延長運転を行う。

(佐々木康弘)