イルミネーションとともに☆東京ミッドタウン「マルシェ・ド・ノエル」

写真拡大

子供のころ、クリスマスの朝が楽しみだったあなた。サンタクロースが誰だかわかる年齢になっても、プレゼントの嬉しさは変わらないもの。さて今、あなたのサンタクロースは誰? 東京ミッドタウンでは、この冬「誰かが、誰かのサンタクロース」というコンセプトで、クリスマスイベントを展開。

青い光をベースに約28万個のLEDが美しく輝く「スターライトガーデン2013」や「シャンパンイルミネーション」など、ミッドタウン全体が光に包まれるクリスマス・イルミネーションが充実。そして、そんなイルミネーションを、ディナーとともに楽しめるレストランも。

ガレリア地下1階の竹林スペースでは、11月14日(木)〜12月25日(水)までの期間限定で、毎年好評のクリスマス市「マルシェ・ド・ノエル」が登場。ヨーロッパで買い付けたエレガントなクリスマス雑貨が揃う「materi(マテリ)」、北欧のニット小物や天然石アクセサリーを扱うセレクトショップ「Lil’ limo(リル・リモ)」、カジュアルなクリスマスギフトの「DeLi(デリ)」に加えて、女性に人気のクリスマスカードが並ぶ「SANRIO(サンリオ)」のクリスマスカード&ギフトショップなど、今年はラインナップも新たに4店が参加。

会場となるガレリアの吹き抜けには、冬を彩る氷のきらめき「ダイヤモンド・ダスト」をテーマにした装飾も初お目見え。鮮やかな光の粒子が瞬く空間も楽しめそう。

「マルシェ・ド・ノエルは半地下の空間なので、お買い物をしながら、外のイルミネーションもお楽しみいただけますよ」と東京ミッドタウン・広報さんのコメントも。

イルミネーションの光を楽しみながら、クリスマス雑貨を買い、クリスマス・ディナーを楽しむ。そんな贅沢なクリスマス・ウイークを、あなたのサンタクロースとともに楽しんではいかが?