『思い出のマーニー』ポスタービジュアル

写真拡大

スタジオジブリの新作映画となる米林宏昌監督の『思い出のマーニー』が、2014年夏に全国で公開されることが発表された。

【もっと写真を見る】

これは本日12月12日に行われた2014年東宝ラインナップ発表会で、東宝の市川南取締役によって明かされたもの。2010年に公開された『借りぐらしのアリエッティ』に続く米林監督の長編映画第2作となる同作は、イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンによって1967年に発表された児童文学をもとにした作品。今回の映画版では舞台をイギリスから日本に移し、思春期の内省的な少女・杏奈が謎の少女・マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子や、2人の友情が瑞々しく描かれたファンタジー作品になるという。

同作のオフィシャルサイトでは、脚本に米林監督をはじめ、『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』などにも参加している脚本家の丹羽圭子、スタジオジブリ作品や今敏監督作品への参加で知られるアニメーターの安藤雅司が携わっていることが明かされているほか、音楽を村松崇継が手掛けていることも発表されている。