世界に一つのドレスがオーダーできるオンラインサイト「PIOL」NYで開設

写真拡大

 世界に一つのオリジナルドレスをデザインできるオーダーメイドサイト「PIOL」が、ニューヨークで開設された。髪や瞳、肌の色のパーソナルカラーをはじめ、シルエットや素材、サイズなどを順番に選択していくと自分だけのドレスが出来上がるという仕組み。往年の女優Audrey Hepburn(オードリー・ヘップバーン)を担当した衣装デザイナーEdith Head(イデス・ヘッド)の服装哲学に着想を得ているという。

世界に一つのドレスがオーダーできるオンラインサイトの画像を拡大

「PIOL」は「YOUR PERFECT DRESS GO-TO DRESS」をコンセプトに、Edith Headが50年以上のキャリアで培ってきた女性の個性や自然な美しさを際立たせるデザインアプローチをもとにしたドレスオーダーシステムを導入。女性個人が持つ特有の色素と服の色の関係を重要視し、着る人がより魅力的に見えるドレスを提案している。

 「PIOL」のドレスオーダーは自分の髪や瞳、肌の色を指定することからスタート。次にテイラードやエンパイアといった5種類からシルエットを選択し、ネックラインや袖などデザインディテールと素材を決める。最後に0号〜22号の中からサイズを指定し、バストやウエスト、ヒップ寸法などを選択すると世界に一つのドレスが完成。素材にはイタリアや日本の上質なコットンやシルク、ジャージーが使用され、ドレスの価格は素材によって異なるという。ニューヨークでパターン起こしから縫製まで行われ、3〜4週間で配送される。

■PIOL
 https://pioldress.com/