日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長を務める海老沢勝二氏(元NHK会長)は、12月9日に開催されたツアー表彰式後の会見で、今年をこう総括した。

「松山英樹選手にはじまり、松山英樹選手に終わった1年でした」

 その言葉に、異論を挟む者は少ないだろう。

 国内ツアーにおいて、わずか13試合の出場ながら計4勝を挙げ、ルーキーとして初めての賞金王となった。表彰式で受賞したタイトルは他に、平均ストロークやパーキープ率、バーディ率、サンドセーブ率などを加えて合計9冠。誰がどう見たって、今季の日本男子ゴルフ界の顔は、松山英樹だった。

「自分でも、ここまで賞をいただけるとは思っていなかったです。アメリカでも同じぐらいの賞をいただけるようにがんばります(笑)」

 松山が2013年シーズンからのプロ転向を視野に入れたのは、前年の初頭だった。そのため2012年は、プロに臨む準備期間に充て、食事とトレーニングの量を増やし、シーズンを戦い抜くだけの身体作りから着手した。それとともに、ゴルフに関しても意識改革を自身に課していた。

 松山は以前、アマチュアとプロの違いやプロに臨む心構えについて、こう話したことがある。

「アマチュアであるうちは、予選落ちも2位も同じととらえていて、優勝のことだけを考えていれば良かった。でも、プロでもそういう姿勢でいたら、ここ一番でミスをしてしまう。まずは予選を落ちないことを考えて、それができたらベスト10入りを狙っていくような姿勢が大事になると思います」

 年が明けて今年、松山は4月2日にプロ転向会見を在学中の東北福祉大で行なった。「将来は、海外メジャーを全部勝ちたい」と高らかに宣言。国内ツアーの開幕戦、東建ホームメイトカップ(4月18日〜21日/三重県)で10位に入ると、続くつるやオープン(4月25日〜28日/兵庫県)でプロ転向後初優勝を飾った。さらに、3戦目(2位)、4戦目(2位タイ)でも優勝争いに加わって、5戦目のダイヤモンドカップ(5月30日〜6月2日/茨城県)で早くも2勝目を挙げた。

 その時点で出場が確定していた海外メジャーは、今年3月のアジア地区予選会を勝ち抜いた全英オープン(7月)だけだったが、松山は全米オープン(6月)の日本地区の予選会(5月27日)をダントツの1位で通過して同大会の出場権を獲得。国内外のトーナメントで結果を残し、ワールドランキングを上げることで8月の全米プロの出場権も手にした。

 全米オープン(6月13日〜16日/ペンシルベニア州)では、最終日に同大会のベストスコアを記録し、10位タイでフィニッシュ。周囲はその快挙に沸いていたが、松山自身は、フィル・ミケルソンら、最終組を戦うトップゴルファーのプレイを恨めしそうに眺めていた。その姿が印象的だった。

「いつかあの輪に加わりたい。最終日のようなゴルフを続けていれば、優勝争いにも加わることができるし、いつか勝てる日が来ると思います」

 続く全英オープン(7月18日〜21日/スコットランド)では、さらに躍進して、6位タイ。海外メジャーで、初めて優勝を意識した大会だった。

「最終日最終組でプレイしたいと思った。でも、この結果に満足することなく、もっともっと練習を重ねていかないと優勝はできないと思う。だから、これからさらにがんばっていきたい」

 国内で勝利を重ね、海外メジャーでも好結果を残した。目指すべき目標はあとひとつ、米ツアーのシード権だった。来季(2013−2014年)のシード権を得るには、2013年米ツアーの賞金ランク125位以内、およそ61万ドル(約6100万円)の賞金を獲得する必要があったが(※)、メジャー大会での好成績もあって、わずか7戦の出場であっさりクリアしてしまった。

※米ツアーは、2013年までは1月からシーズンが始まっていたが、来季からは今年10月に新シーズンがスタートし、ひとシーズンが年をまたぐことになった。その2013−2014年シーズンのシード権は、2013年1月〜8月までのレギュラーツアーで争われた。

 2013年米ツアーの最終戦であるウィンダム選手権(8月15日〜18日/ノースカロライナ州)を15位で終えたとき、松山は珍しく饒舌になっていた。国内でつかんだ勝利という自信を足掛かりに、海外遠征に打ってでて、目論みどおりシード権を手にした。その充実感に満ちていた。

「アメリカで毎週のように大会に出続けている間は、『長いなあ』と思っていましたけど、終わってみれば早かったかな。(シード権獲得という)目標を達成できたことを思えば、自分に100点をつけたいですけど、物足りない部分はある。課題は、疲れない身体作り、ショートゲーム、飛距離......、言い始めれば止まらない(笑)。すべてです。特に肉体的な面の強化と、ショートゲームをもっとうまくなることが重要です。(すでに米ツアー選手という意識はあるか?)ないです。だって、日本人ですもん」

 帰国後、11月のカシオワールドオープン(11月28日〜12月1日/高知県)では、左母指手根中手関節炎の発症によって、痛み止めを飲みながらのラウンドだった。だが、池田勇太に競り勝ち、今季4勝目を挙げるとともに、賞金王を確定させた。これまでは好結果を残せなかったものの、開催コースのKochi黒潮カントリークラブは、明徳義塾高時代に何度もラウンドした"ホームグラウンド"のような場所だった。

「(中学、高校時代を過ごした)地元で賞金王を決められたことがうれしい。(今季の)すべての優勝が思い出ですけど、どれが一番か、あえて言うなら......、やっぱりプロ初勝利かな」

 プロ転向以前に目標に掲げていた「すべての大会でトップ10を目指す」というノルマをほとんどの大会でクリア(出場13戦中10試合)し、ルーキーイヤーとしてはこれ以上ない1年を過ごした。これほどまでの快進撃を、誰が予想しただろうか。せいぜい松山本人ぐらいのものだろう。

 ひとつ、今後の課題が残ったとすれば、シーズン終盤に疲労性によるケガが相次いだことだ。体調管理や、常にベストな状態で臨めるようなスケジュール管理を心がけることが大事になる。松山は言う。

「身体の状態が良くないので、まずはしっかり治して、来年はアメリカで勝てるようにがんばっていきたい。(2014−2015年シーズンの)シードを早く決められたら、それだけ余裕を持って出場する大会のスケジュールが考えられるし、日本に帰ってきて国内のトーナメントにも出場できる。まずはシード権獲得を目指したいと思います」

 記録ずくめの1年を過ごした松山が次に目論むのは、米ツアーでの初勝利、そしてメジャー制覇である。

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji