<タイ選手権 初日◇12日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 タイのアマタスプリングCCで開幕したアジアツアー「タイ選手権」。全選手がスタートした時点で、イングランドのジャスティン・ローズが7バーディ・ノーボギーの“65”でラウンド、7アンダーで単独首位に立った。
 そのローズと1打差の6アンダー単独2位にはインドのガガンジート・ブラーと続く。また、ディフェンディングチャンピオンのチャール・シュワーツェル(南アフリカ)は“68”の4アンダーでラウンド、4位タイと好発進を切った。
 今大会には6人の日本人選手出場。その中で河野祐輝が2アンダー10位タイと最上位につけている。その他小林正則、片岡大育、川村昌弘の3人がイーブンパーの40位タイ、塚田好宣が1オーバー69位タイ、そして石川遼は2オーバーで88位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼が「タイ選手権」3度目の出場!昨年のリベンジ目指す
「タイ選手権」明日開幕!日本からは6選手が出場
タイでもやります!石川遼の一打速報!初日を振り返る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング