写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道はこのほど、葛城山頂から初日の出を見る日帰りツアー「さくらライナーで行く葛城山初日の出」を発売した。「さくらライナー」が大阪阿部野橋駅から近鉄御所駅まで直通運転を行い、葛城山ロープウェイを利用して山頂に上る元日限定の旅行商品だ。

「さくらライナー」は大阪阿部野橋駅を3時50分に発車。近鉄御所駅には4時32分に到着する。途中、矢田駅、河内松原駅、藤井寺駅、古市駅、尺土駅からも乗車(参加)可能。近鉄御所駅到着後はバスで葛城登山口駅に移動し、ロープウェイで山上駅へ。さらに徒歩でロッジまで移動し、かも汁で体を温めながら初日の出を待つ。初日の出を迎えた後は、来たときと同様に近鉄御所駅まで戻り、同駅で9時頃解散となる。

なお、御所線は通常、特急車両が運転されない路線。「さくらライナー」が同線経由で直通運転を行うのは1997年3月以来、2度目。

「さくらライナーで行く葛城山初日の出」ツアーは2014年1月1日出発。旅行代金は、大阪阿部野橋駅・大和西大寺駅発4,720円、藤井寺駅・富田林駅発4,470円など。代金には、往復運賃、往路の特急料金、往復バス代、往復ロープウェイ代、かも汁、諸税などが含まれる。定員は130名。近鉄の主要な各駅営業所で申込みを受け付けている。

(佐々木康弘)