写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市交通局、北大阪急行電鉄、大阪高速鉄道(大阪モノレール)の3社局は21日から、各社局間の連絡定期券を発売する。

発売範囲は、3社局にまたがる「大阪市営地下鉄・北大阪急行・大阪モノレール」連絡定期券の場合、大阪市営地下鉄の全線各駅、北大阪急行の千里中央〜江坂間、大阪モノレールの全線各駅。2社局にまたがる「大阪市営地下鉄・大阪モノレール」連絡定期券と「北大阪急行・大阪モノレール」連絡定期券については、各社局の全線各駅が対象となる。いずれも接続駅(大日駅、千里中央駅、江坂駅)は対象外。発売券種は通勤定期券(大人)と通学定期券(大人・小児)で、通用期間は1カ月・3カ月・6カ月。磁気式定期券での発売となり、運賃は各社局それぞれの定期料金と定期運賃が適用される。

「大阪市営地下鉄・北大阪急行・大阪モノレール」「大阪市営地下鉄・大阪モノレール」連絡定期券は、大阪市営地下鉄の駅構内定期券発売所・自動定期券発行機、大阪モノレールの定期券発売所・定期券発行機能(継続発売のみ)付き券売機にて発売。「北大阪急行・大阪モノレール」連絡定期券については、北大阪急行の定期券発売所・定期券発行機能付き券売機、大阪モノレールの定期券発売所・定期券発行機能(継続発売のみ)付き券売機にて発売する。

(佐々木康弘)