『平成不況の本質―雇用と金融から考える』

写真拡大

毎年ノーベルの命日である12月10日に、スウェーデンの首都ストックホルムでノーベル賞授賞式(平和賞のみはノルウェーの首都オスロ)がはなやかに行われる。経済官庁に属するものとして、ノーベル経済学賞(The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel)の受賞者には注目している。今年は、金融分野で、ラーズ・ハンセン米シカゴ大学教授、ユージン・ファーマ米シカゴ大学教授、ロバート・シラー米エール大学教授が受賞した。

経済学は「経済を扱う科学」か

スウェーデン国立銀行(スウェーデンの中央銀行:Sveriges Riksbank)が資金提供して始まった1969年から2009年までのノーベル経済学賞の受賞者を紹介しながら、この間の経済思想の流れを俯瞰した好著が、「ノーベル経済学賞の40年(上)・(下)」(トーマス・カリアー著 筑摩選書 2012年)である。受賞者の傾向から、ノーベル経済学賞の関係者が、物理学、化学、医学と同列の「経済を扱う科学」(経済科学:Economic Sciences)であることをしきりに強調したがると批判的に分析する。

そのようなことからすると、将来のノーベル経済学賞受賞者として、真っ先にあげられるのが、ハリ・セルダン(Hari Sheldon)だ。彼は、「歴史心理学」(the science of psychohistory)の創始者である。「歴史心理学」は、人間集団を統計的に扱う学問であり、人間ひとりひとりの行動を予測することはできないが、集団が充分な大きさを備えていれば、その社会的、経済的な動向が予測できるという画期的な理論である。

ただ、それはSF(アイザック・アシモフ著のファウンデーション・シリーズ ハヤカワ文庫SF)の中の話ではある。経済学者の中には、ハリ・セルダンになりたいと公言する向きもある。しかし、このファウンデーション・シリーズでは、真の「歴史心理学者」は、「精神作用能力者」(精神的に人の行動に影響を与える超能力を持つ者)で想定されているということをどう考えているのだろうかと思う。自分の思い通りになるように、他の人々の心に介入するということは安易に認められることなのであろうか。人の期待に働きかけ、その学者が考える「理想的」な経済状況の達成を極度に重視する、最近の経済学の潮流は、究極的に「精神作用能力者」になりたいという陥穽に陥る惧れはないのだろうか。

経済学による洞察の豊かさ・確かさに触れる

そのような経済学の流行に掉さして、他者の生き方への介入に禁欲的な経済学者の1人である東京大学社会科学研究所教授の大瀧雅之氏は、専門家の間で高い評価が確立している経済学の専門書「景気循環の理論−現代日本経済の構造―」(東京大学出版会 1994年)のはしがきで、「市場経済の『光と影』の両面をありのままに受け入れること、そしてそれを論理的に解剖し説得的な価値基準のもとで躊躇なく評価することこそ、社会科学としての経済学を学ぶ者の重要な責務」という。

大瀧氏の近著「平成不況の本質―雇用と金融から考える」(岩波新書 2012年12月)は、公正な所得分配の欠如と、グローバリゼーションの無批判な受容が、不況の本質的な原因であると説得的に主張する。不況感がなかなか払拭できない理由は、雇用者所得の低下にあることは、最近、広く共有されるようになったところだが、そのような輿論の先駆けとなった、経済学による洞察の豊かさ・確かさに触れられる、極めて有意義な1冊だ。

経済官庁(課長級 出向中)AK