『ネトウヨとは何か』(ジェイ・キャスト)

写真拡大

「ネトウヨ」「ネット右翼」といった言葉を記事中に使うと、しばしば一部の読者から「ネトウヨなどというものは存在しない! それは××の作ったレッテルだ!」といった「お叱り」を受ける。一方で、ネトウヨと呼ばれる「ひとかたまり」の人々、あるいは言論が、ここ何年かの日本に存在してきたこともまた事実だ。

政治家やマスコミの「炎上」から「ヘイトスピーチ」デモまで

ネットメディアであるJ-CASTニュースでは、たびたびこうしたいわゆる「ネトウヨ」にまつわる問題を取材してきた。2013年12月5日発売した電子書籍『ネトウヨとは何か』は、こうした報道をまとめたものだ。

かつては政治家やマスコミなどがネット上で「炎上」するようなケースが多かったが、やがて企業などへの「電凸」、さらには実際に街へ出ての「ヘイトスピーチ」デモと、その活動は直截性を増し、そして日本社会における存在感を強め続けている。これらの「事件」を紹介することで、「ネトウヨ」の輪郭をたどることを目指した。

アマゾンのKindle(キンドル)ストアでは現在すでに発売中。このほか主要電子書籍ストアでも順次配信予定だ。価格は300円。

ジェイ・キャストでは「仰天!」シリーズを皮切りに、『山本太郎とは何者か』など電子書籍を好評販売中。『嗚呼!おバカ大学生』も同時発売、今後もJ-CASTニュースの記事を取りまとめた電子書籍を複数発売する。