「FJR1300AS」ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)

写真拡大

ヤマハ発動機は2013年12月10日、1300ccの水冷4ストロークDOHC・直列4気筒FIエンジンを搭載した大型オートバイの長距離ツアラー「FJR1300AS」「FJR1300A」を発売する。メーカー希望小売価格は、「FJR1300AS」が173万2500円、「FJR1300A」が141万7500円。

「FJR1300AS」には電動調整サスペンション採用

長距離ツアラー性能とスポーツ性を高次元で両立させたモデル。1300ccエンジンには、軽量鍛造ピストンや放熱性に優れた直メッキシリンダー、低張力ピストンリング、2軸バランサーなどを採用したほか、スロットルバルブ駆動はYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)とし、滑らかかつ力強い出力特性を引き出す。

また、高速ツーリングの快適性向上を図る「クルーズコントロール」を搭載し、3〜5速で毎時約50キロ以上での走行時にセットすると、アクセル操作なしで一定速度を維持した走行が可能となる。

「FJR1300AS」にはYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)を採用しており、クラッチレバー装備はなく、シフトチェンジは、左足のシフトペダルか左ハンドルスイッチ(ボタン)で行う。さらに、前後を統合的にバランスさせて調整する電動調整サスペンションにより、走行環境変化や好みに応じた調整の手間を低減させた。