写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リアルネットプロは、同社が運営する女性による不動産情報プラットフォーム「bijin estate the AGENT」の米国版サイトの運用を、12月11日から開始した。

同サイト(は、不動産業界で働く女性が"エージェント"として参加する情報プラットフォーム。「お客様の共感を得るには?」、「自分の得意分野をどう伝える?」などを念頭にfacebookやモバイル端末を駆使して、物件情報やライフスタイル情報を発信している。

初期登録費以外、運営にかかわる費用は不要。特別な参加資格や条件などもないため、「不動産の仕事が好き」、「お客様に喜んでいただきたい」と思っている人であれば、職種を問わず誰でも参加できるという。

今回スタートした米国版(では、本部事務局をニューヨークに設置。NAR(全米リアルター協会)NY州理事が事務局長を務めるほか、主にAREAA(全米アジア不動産協会)の日本人および日系人メンバーがエージェントになっている。現在の参加人数は、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サクラメント、オレゴン、ハワイなど主要都市の8名とのこと。

なお、同社では今後、2014年春までに20名程度に拡大するとともに、MLSなどの物件情報データベースとリンクした、より実務的な機能を備えたサービスの構築を目指す。