大島の消防団員、救助活動でPTSD

ざっくり言うと

  • 伊豆大島の土砂災害で救助活動をした消防団員1人が、PTSDと診断されたとわかった
  • フラッシュバックや不眠などの症状を訴えているという
  • 今回の災害で具体的なケースが明らかになるのは初めて

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング