写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富山地方鉄道は11日、新駅「新相ノ木」の開業にともない、12月26日に鉄道線のダイヤ改正を実施すると発表した。同時に本線西魚津〜宇奈月温泉間にて、列車を増発する社会実験も開始する。

新相ノ木駅は地元の請願を受け、本線相ノ木〜上市間(相ノ木駅から0.8km、上市駅から1.2kmの地点)に設置される新駅。12月26日以降、平日・休日ともに普通列車が停車する。同駅から電鉄富山駅までの大人片道普通運賃は580円。新相ノ木駅に係わる定期券の新規発券は開業2週間前の12月12日から開始される。

鉄道線で12月26日に実施されるダイヤ改正は、新駅開業にともなう停車列車に対する区間時分の見直しと接続列車の運転時刻の調整に加え、西魚津〜宇奈月温泉間の増発社会実験(1日4便)、立山黒部アルペンルートへの速達列車の新設がおもな内容に。電鉄富山駅を早朝5時台に発車する急行がダイヤ改正で快急(電鉄富山駅5時41分発、立山駅6時30分着)となるほか、電鉄富山駅を8時台に発車する立山行特急が設定(運転期間は4月16日〜11月30日)されている。

増発社会実験では、生活交通の利便性向上を目的に、平日のラッシュ時間帯に電鉄富山駅を発着する普通列車を上り・下り1本ずつ宇奈月温泉駅へ延長運転。JR特急「はくたか」との接続も考慮し、平日の特急「うなづき3・8号」が通年運行となる。土日祝日は、日中の時間帯に西魚津〜宇奈月温泉間の普通列車を上り・下り2本ずつ新設。うち1本は新魚津駅にて、JR魚津駅に14時台に停車する特急「はくたか」と接続を図る。

富山地方鉄道の発表によれば、西魚津〜宇奈月温泉間での増発社会実験を経て、「利用状況を見極め、北陸新幹線開業時ダイヤ作成の参考とする」とのこと。