電子申告「e-Tax」の手続きを済ませていなくても、国税庁のホームページ上で確定申告書の書類を作成可能だ。ガイダンスに従って入力すれば自動計算サラリーマンなら、勤務先が行なってくれる年末調整で所得税の処理は完結……というのは大間違い! 株やFXで年間20万円超の利益を稼いだ人や、年間10万円超の医療費がかかった人、住宅ローンで家を買った人、年末調整後に子供が生まれた人など、確定申告をすべき人は意外と少なくないし、納めすぎた税金が戻るケースも多い。また、ネットマネー2012年3月号38ページでも触れた震災絡みの特例措置や控除も関わってくる。特に初めての人は億劫に感じるかもしれないが、国税庁ホームページ上にある「確定申告書等作成コーナー」(https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm)を利用すれば、作業はカンタン。まず、勤務先が発行してくれる源泉徴収票を用意し、画面上の申告書に給与所得額の合計や社会保険料等の金額などを転記。そして、下記の手順に沿って該当箇所に入力していけば、面倒な計算作業はすべて自動で行なわれる。すべての入力を終えてプリントアウトすれば書類の完成だ!


林 裕二林税理士事務所法人税、所得税等の決算申告業務や税務相談、企業内セミナー講師、原稿執筆等に従事。ファイナンシャル・プランナーとしては、独立系FP会社、証券アナリストや保険コンサルタントとの共同による包括的コンサルティングを行なう。「くりっく365」のセミナーでは講師も務める。
―--この記事は「WEBネットマネー2012年3月号」に掲載されたものです。