写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エールフランス航空は2014年3月30日より、成田空港へのフライトに加えて羽田空港へ自社機材での運航を開始する。羽田空港からは毎日2便・朝と夜のフライトを、成田空港からは毎日1便・昼のフライトを運航する。

○ボーイングB777を使用

新設される羽田路線の昼便に関して、AF279:7時35分羽田発/同日13時15分シャルル・ド・ゴール着(パリ)、AF272:10時55分シャルル・ド・ゴール発/翌日6時羽田着となる。また、夜便に関して、AF293:22時15分羽田発/翌日3時55分シャルル・ド・ゴール着、AF274:23時30分シャルル・ド・ゴール発/翌日18時40分羽田着となる。なお、日本発の羽田初便は3月31日で、シャルル・ド・ゴールと羽田の路線で夜便運航をするのは同社のみとなる。

羽田空港への運航機材はボーイングB777-200を朝のフライトで使用。座席数は309席(ビジネス35席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー250席)となる。夜のフライトではボーイングB777-300を使用し、座席数は303席(ファーストクラス、8席、ビジネス67席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー200席)で運航する。