オリコンから12月2日、「オリコン2013年年間"本"ランキング」が発表されました。自己啓発部門からは『聞く力 心をひらく35のヒント』や『スタンフォードの自分を変える教室』、『夢をかなえるゾウ 2 ガネーシャと貧乏神』など、今年話題となった本がランクインしています。自己啓発本といえば時には自分を鼓舞してくれたり、新たな思考のヒントをくれたりと様々な角度から読み手である私たちにアドバイスを提示してくれますが、同じように人生の悩みに応えてくれるという意味で多くの女性に支持されているのが、エッセイスト上原愛加さんの作品です。上原さんは2008年にデビュー、これまで、処女作『世界一!愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスン』をはじめ、『これで、あなたの運命がキマル!史上最強の乙女のバイブル』『100%愛される乙女の魔法のつかいかた。』など多くのエッセイを世に出し、シリーズはなんと累計100万部を突破。作品はどれも「もっと幸せになりたい」「夢を叶えたい」「素敵な恋愛をしたい」などといった女性の悩みや憧れに寄り添ったもので、その一つひとつが乙女の自己啓発本として女性の間で人気を呼んでいます。そんな上原さんが今月新たに上梓したのが『NATURAL HAPPY いちばんの幸せが見つかる本』。同著は"幸せ"とは何か、"幸せのこたえ"はどこにあるのかといった、誰もが一度は考えたことがあるであろう「幸せ」をテーマにした作品。トルストイやアインシュタインといった偉人の名言を所どころに織り交ぜつつ、やさしく、語りかけるような言葉で「いちばんの幸せ」を見つけるためのヒントがつづられています。例えば同著の中で上原さんは、「幸せになるために、してはいけない5つのこと」として以下のようなことを挙げています。1.だれかのことを、うらやましがるのはやめましょう。2.だれかのことを、ライバル視するのはやめましょう。3.だれかのようになりたいなんて、思うのはやめましょう。4.だれかのことを、お手本にするのはやめましょう。5.だれかのことは、今後、ほうっておきましょう!! 普段自己啓発本は読まないという人も、この一冊から"幸せのこたえ"がわかる方法を導き出せるかもしれません。
『NATURAL HAPPY いちばんの幸せが見つかる本』 著者:上原 愛加 出版社:学研パブリッシング >>元の記事を見る

■ 関連記事・話題の角川ホラー映画『バイロケーション』プレイベントを東京で開催2013年に最も輝いた女性は"肉食系"なあの人?『妻の化粧品はなぜ効果がないのか』著者・北条元治氏が下北沢の本屋B&Bでトークイベント

■配信元
WEB本の雑誌