この国を代表する重電である東芝が順調だ。2013年4〜9月期は売上高が前年同期比13.2%増、営業利益が53.7%増という東芝の好調は、半導体事業の牽引が大きいが、事業をさらに飛躍させる“次の一手”は何なのか? ジャーナリストの永井隆氏と海部隆太郎氏がリポートする。

 * * *
 無線LAN機能が搭載されたSDメモリカード『FlashAir』が注目されている。コンパクトデジカメに差し込めば、スマートフォンやタブレット端末の無線LAN機能へと送信できる。例えば撮ったその場で仲間と画像をシェアしたり、フェイスブックにアップしたりして楽しめるというわけだ。フラッシュメモリ事業戦略部の笠原紗綾子氏(34)が語る。

「開発は約3年前から始まりました。若手社員の『飲み会で撮った画像はその場でシェアしたい』という声がきっかけでした」

 スマホで撮影すれば、すぐにデータの交換・アップロードは可能だ。しかし、スマホの画質では物足りないという「カメラ女子」などが増える中で、若者を中心にニーズがあると確信した。SDカードと無線LAN機能の合体。単純に思えるが、メモリ応用技術第二部の上岡裕一氏(42)はこう話す。

「これまでメモリしか入っていなかったSDカードの大きさの中に無線LANチップとアンテナを入れ込むのは、技術的には非常にハードルが高かった。試行錯誤した結果、無線LANの部分は既にある製品ではダメだとわかり、専用品を作りました。専用品の開発はコストがかかるため社内で賛否両論ありましたが、それは逆に、他社の追随が難しいことも意味します」

 2012年に8GBタイプを発売し、2013年7月に16GB、11月には32GBタイプを投入した。16GBは店頭では4000円台で販売されている。今年度の販売目標は100万枚。堅調に推移しているというが、まだ一般への認知度は高くない。

「これまでにない商品なので、どういう使い方をすれば面白いか、どんな売り方をすればいいか、量販店の店員さんなどに提案して販売チャネルを広げるよう工夫しています」(メモリ販売推進部の児玉英治氏・39)

 もし『FlashAir』がブレイクすれば、一般消費者にも「半導体の東芝」をアピールするチャンスになる。技術の壁を越えた今、この“飛び道具”を活用できるかは「売り方」にかかっている。

※SAPIO2014年1月号