内柴被告 二審も懲役5年の判決

ざっくり言うと

  • 女子大生に乱暴したとして準強姦罪に問われた五輪柔道金メダリストの内柴被告
  • 東京高裁は11日、二審でも懲役5年の一審判決を支持し弁護側の控訴を棄却
  • 弁護側は被害者の証言の矛盾を批判したが、判決は覆らなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング