yanGとセブン&アイ出版が、50代から60代の新しいシニア富裕層に向けたラグジュアリー男性誌「MADURO(マデュロ)」を共同創刊する。「LEON」創刊編集長だった岸田一郎が編集長と製作総指揮を務め、感性を刺激するライフスタイル・コンテンツを発信していくという。2014年3月下旬に創刊準備号を発売し、第1号が2014年9月24日に発刊される。

「マデュロ」創刊の画像を拡大

 「MADURO」は、「LEON」の次の世代となる新しい価値観のシニア富裕層に向けて創刊されるメンズ月刊誌。「MEN'S EX」「NIKITA」などを手がけた岸田一郎の他、総合プロデューサーに元「LEON」創刊副編集長で、現セブン&アイ出版の常務執行役員の大久保清彦、ファッションディレクターに「LEON」の創刊メンバーの干場義雅が参画する。

 同誌では、ファッション、時計、クルマ、旅行、食の他に、シニア富裕層ならではの健康、美容、アンチエイジング、金融、不動産など様々なジャンルを網羅。バブル時代を経験した消費にアクティブな50代から60代男性の購買意欲を刺激することで、その下の世代の消費も活性化させていくという。価格は1,000円(税込)で、予定発行部数は4万から5万部。