あなたは彼とお金についてちゃんと話し合っていますか?「お金についてもめるカップルは離婚率が30%も高い」

写真拡大

お付き合いをしている彼とお金に関する話をするのは、ちょっと苦手という人はきっといるはず。でも、彼との良い関係を築くためには、金銭関係も健康的にすることが必須です。

アメリカのマリッジ・プロジェクトによると、週に数回、お金についてもめるカップルは、月に数回もめるカップルより離婚率が30%も高いと判明。またカップルの44%が、付き合って半年くらいから、お互いの金銭的なことを話し始めています。

いくつかのノウサインは、3回くらいデートをし始め、いつも財布を忘れたり、不足しているような男性なら、お金に無頓着な人。

数回のデートの後、「2,3万円貸してくれ」と頼まれたら、必ず何に必要なのか、いつ返してもらえるか、などをしっかりと話しておくことです。もちろん、期日までに返してもらえなかい回数が増え始めたら要注意ですね。

そして同棲を始めるのなら、どのように生活費を分担して払っていくかきちんと話し合い、めてから同居を始めましょう。このとき、自分たちで使うベッド代の半分のお金は出したがらないのに、ラスベガスには大金をかけて遊びに行きたいような男性は要注意です。

また言うまでもなく、給料や貯金の範囲内で買えないような物にクレジットカードを使い過ぎてしまう傾向にある男性は、借金がどんどん増えそうです。

こんな人との結婚は考え物ですね。

話しにくい金銭的な話ですが、将来結婚を考えている相手なら、最初からしっかりと話し合える環境を作っておくことが肝心です。きっと返してくれるから、私が稼いで助けないとなんていう思いは持たないほうが賢明でしょう。

参考:Awkward Money Talks You’ve Gotta Have
http://www.womenshealthmag.com/sex-and-relationships/money-talk