2025年火星の家 応募既に20万人

ざっくり言うと

  • オランダの民間非営利団体が、2018年に火星探査機を打ち上げる計画を発表
  • 同団体は25年に火星居住を目指しており、水を確保する方法を考えているという
  • すでに世界中から約20万人が火星への移住に応募しているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング