12月7日にノルウェー・リレハンメルで行なわれたW杯ジャンプノーマルヒル個人。1本目に99mを飛んで2位につけていた竹内拓は、2本目も1本目とほぼ同じの追い風の中で100.5mを飛んでトップに立った。

 残るは上位の選手でただひとり、1本目に向かい風の条件をもらって、105.5mの大ジャンプをしたグレゴール・シュリーレンツァウワー(オーストリア)のみ。2本目を追い風が強くなる中で飛んだ彼は100mの手前に着地し、竹内の逆転優勝かに思えた。飛距離は97m。1本目で8.3点あった差は5点までしか縮まらず、竹内の今季W杯2回目の2位が確定した。

「条件の差もそこまでなかったし、自分の調子も良くていいジャンプができるとわかっていたから、『もしかしたら勝てるかな』と思っていて......悔しいですね。でも、今のジャンプを続けていけばいつかは勝てるとも思うし。だから今日は2位で十分です」と、竹内は落ち着いた表情で話した。

 彼のパーソナルコーチでもある日本チームの横川朝治ヘッドコーチは、「バランスを整えるトレーニングをずっとやってきた成果もあり、助走ですごくいいポジションに乗っていて立ち上がりが柔らかい。それはジャンプ台をしっかり踏んで、いいポジションで力を伝えられている証拠」と評価する。

 中学卒業後に単身フィンランドに留学した竹内は、06年に帰国すると、ナショナルチームに召集されてサマーGPやコンチネンタル杯を経験。その後06〜07年シーズン終盤からW杯に本格参戦した。本人も「ジワリジワリですね」と笑うように徐々に力をつけてきたが、欠点は闘争心が過剰になり過ぎて、ここぞという時に力んでしまう癖だった。

 ところが、バンクーバー五輪に出場して「五輪といえど他の試合と同じ」と肌で感じてからは少しずつ試合にも落ち着いて臨めるようになっていった。12年1月にはインスブルック(オーストリア)で3位に入ると初めて表彰台に上がり、昨季も2月のクリンゲンタール(ドイツ)で2位につけることができた。

 順調に力をつけて、調子もよく優勝のチャンスが出てきた今季。W杯開幕戦のクリンゲンタールでは追い風の悪い条件に耐えて4位。2戦目のクーサモ(フィンランド)でも条件に恵まれない中で9位と踏ん張った。本人も「調子はいいし、いいジャンプは出来ていると思う」と手ごたえを感じていた。

 その言葉通りのジャンプを見せたのが、6日にリレハンメルで行なわれた男女混合団体だった。(メンバーは伊藤有希、伊東大貴、高梨沙羅、竹内択の男女4人)

 各国のエースがそろう4番手を任せられると、1本目は104mを飛んでチーム順位を4位から1位にあげた。そして最終ジャンパーというプレッシャーのかかる2本目も、4番手グループでトップの100.5mを飛んで優勝を決め、そのいい流れを、翌日のノーマルヒルにつなげた。

「昨日はああいう大役ですごく緊張したけど、それもいい経験になったし、(ノーマルヒルでは)それを生かせたかなと思います」と言うように、竹内は逆転優勝を狙える場面でも力むことなくいつものようにジャンプをして、2位を確保したのだ。

「昨季のクリンゲンタール2位は心臓がバクバクしていっぱいいっぱいだったけど、今回は余裕を持って飛べました。1本目にシュリーレンツァウワーが向かい風を貰ったように、ジャンプは運も味方にしなければいけない競技だけど、チャンスがきた時に勝つためには、今のような85〜90%のジャンプを続けていく事が大事だと思います」

 落ち着いた表情で話す竹内は、チームの牽引者という雰囲気を感じさせるほどだ。

 そんな竹内に刺激を受け、8日のラージヒルで結果を出したのが伊東大貴とベテランの葛西紀明だった。

 W杯ランキングを2位まであげた竹内は、ほとんどの選手が向かい風だった1本目に追い風を受けてしまい、128.5mで8位に止まった。だがその前に向かい風の恩恵を受けて飛んだ伊東と葛西は132.5mと134.5mの記録を出し、ウインドファクターなどの差を含め、同点の3位で折り返したのだ。

 竹内は2本目も「1本目よりもいいジャンプは出来ていた」というが、さらに強い秒速0.32の追い風を受けて126.5mに終わり、挽回はならなかった。それに対して0.49mの向かい風をもらった伊東は138mの大ジャンプを出し、0.40mの向かい風だった葛西は135mを出し、上位2人を残して2位と3位につけた。

 その後は1本目2位だったピオトル・ジラー(ポーランド)が失速したため、41歳になる葛西の最年長表彰台を含む日本人2位、3位の期待も出てきた。しかし最後のセベリン・フロイント(ドイツ)が137mを飛び、その夢は砕かれた。

 長い間"次代のエース"と期待された伊東は11−12年シーズンにW杯で4勝をあげて「才能開花か」と期待された。だが昨シーズンは膝を痛めて出後れると、今シーズンも「まだしっくりこない」と迷いのジャンプが続いている。6日の男女混合団体でも1本目は雪が積もった助走路で滑りを狂わせて2番手グループ7位のジャンプに。2本目も、尻が下がっていたのを修正して臨んだが、99.5mとグループ3位で本領を発揮しきれなかった。それでも、横川コーチは「悪条件の中でもいいジャンプをした」と評価していた。

 そしてラージヒル個人ではいきなり表彰台と、潜在能力の高さを示した。

「前の2大会に比べると条件がよくてわりと公平な条件の試合だったけど、その中でもラッキーな時に飛ばせてもらえたのが表彰台につながったと思います。でも自分としてはまだ感覚のズレはあるし、イメージとしては6〜7割の状態です」

 伊東はこう言って苦笑するが、横川コーチはやはり「まだ迷っている段階なのにあそこまで飛べるのは底力があるから。持ち味である飛び出しからの速さも、もう少し噛み合えばもっと速くなるはず」と期待を寄せる。

 また横川コーチは、葛西についても「ちょっとタイミングを外しているが、それでもそこそこ距離を飛べるのは素晴らしい」と絶賛。

 彼自身6回目の五輪だったバンクーバー後は精神的にも落ちついてきて、踏み切りでもパワーを出し過ぎないスムーズな動きが出来るようになってきている。昨シーズンのW杯総合は24位で止まったが、最終戦のプラニッツァでは優勝を狙える状態まで持ち直した。その自信を今季も維持し、第2戦のクーサモで5位になると、リレハンメルのノーマルヒルでは2本とも1mを大きく超える追い風の悪条件ながら10位につけていた。

「(ラージヒルの)2本目を飛び終えた時点でトップに立って表彰台を決めるつもりだったけど、3位という数字をみてがっくりしました。それに練習で良くなってきていて『そろそろ来るかな』と思っていた大貴にこんなに早く負けたのも悔しいし。ただ、ずっと拓の調子がいいから遅れをとらないように頑張ろうと思っていて。そういう風にチーム内で争えることがみんなのレベルをあげるし、自分のモチベーションも上がるから、ものすごくいい方向にいっていると思います」と、悔しさを感じながらも葛西は明るく笑う。

 結局、リレハンメルのラージヒルでは伊東が3位で葛西が4位、竹内が8位。横川コーチは「日替わりでチームトップが代わる争いになっているのはものすごくいいですね。こういう状況なら自然に総合的とレベルも上げていける。トップ10に3人も入っているのは日本だけだから、その意味では五輪に向けてもいい準備が出来ているんじゃないかと思いますね」と明るい表情を見せる。

 W杯4戦が終わった時点でW杯総合ランキングは竹内が2位につけ、葛西は03年以来10年ぶりのシード権獲得が狙える7位に名を連ねている。さらに伊東も今大会の3位入賞で18位から一気に11位まであげ、来季シード権が得られる10位以内にあと一歩と迫った。

 3人のうち誰が上位に入ってもおかしくない状況の中、日本チームはソチ五輪に向けて、大目標にする団体戦のメダル獲得だけではなく、個人のメダル獲得という夢を見られそうな素晴らしいシーズンインを果たした。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi