バオ バオ イッセイミヤケがバッグから帽子に

写真拡大

 ISSEY MIYAKE INC.が展開するアクセサリーブランド「BAO BAO ISSEY MIYAKE(バオ バオ イッセイミヤケ)」が、独自素材の三角ピースが特徴のキャップ「BAO CAP」を発表した。様々な種類のバッグが国内外で人気を集めているが、着用するアイテムが全国展開されるのは初めてだという。

バオ バオ イッセイミヤケが帽子にの画像を拡大

 三角ピースが様々な形を創り出す「BAO BAO ISSEY MIYAKE」は、毎月1日の新作入荷日に行列ができるなど人気が継続している。キャップタイプは渋谷パルコのみで販売されていたが、人気を受けて1月に全店で販売が決定した。「BAO CAP」はつばが長く浅めの作りで、独自の質感がシャープで個性的な印象を与えるデザイン。ユニセックス向けの3色展開で、価格は13,650円(税込)。

 2014年春夏シーズンはその他、定番のホワイト、ブラック、シルバーに加え、ミントグリーンやディープブルー、イエローグリーン、ピンクなどポップな新色が登場する。1月の初売りと同時にグラフィティペインティングの「ルーセント プロ グラフィティ」が発売予定。プリントを施しコーティングした512の三角パーツを組み合わせて製品に仕立てるため手間がかかっているが、遊び心があるバッグだ。2タイプで価格は52,500円(税込)。