写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●特別協賛にはSCEJA、日産自動車、そしておやつ協賛にローソン
「第3回 将棋電王戦」記者発表会が10日、東京・六本木のニコファーレで開催され、対戦カード、日程、会場などが発表された。

第一局は3月15日に有明コロシアムで行われ、その後は毎週土曜日に会場を変えながら全五局が開催される。特別協賛にソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)と日産自動車株式会社、おやつ協賛に株式会社ローソン。発表会では対戦するプロ棋士と将棋ソフト開発者が登壇したほか、安倍晋三首相が振り駒を行い、奇数局はプロ棋士の先手が決定した。

電王戦は人間のプロ棋士とコンピュータ将棋が5番勝負を行う団体戦。前回は2013年3月から4月にかけて行われ、結果は人間側の1勝3敗1分け。主催はドワンゴで、対局の模様は今回もすべてニコニコ生放送で中継される。

発表会には日本将棋連盟会長・谷川浩司九段、日本将棋連盟理事・片上大輔六段、ドワンゴ会長・川上量生氏、そして電王戦に出場するプロ棋士と将棋ソフトの開発者が登壇し、意気込みなどを語っていった。

対戦カードと日程、会場は以下の通りとなる。(▲は先手)

第一局:3月15日(土)/対局会場(有明コロシアム・東京都江東区)
▲菅井竜也五段 vs △習甦(将棋電王トーナメント第5位/開発者・竹内章)

第二局:3月22日(土)/対局会場(両国国技館・東京都墨田区)
△佐藤紳哉六段 vs ▲やねうら王(将棋電王トーナメント第4位/開発者・磯崎元洋、岩本慎)

第三局:3月29日(土)/対局会場(あべのハルカス・大阪府阿倍野区)
▲豊島将之七段 vs △YSS(将棋電王トーナメント第3位/開発者・山下宏)

第四局:4月 5日(土)/対局会場(小田原城・神奈川県小田原市)
△森下卓九段 vs ▲ツツカナ(将棋電王トーナメント第2位/開発者・一丸貴則)

第五局:4月12日(土)/対局会場(東京・将棋会館・東京都渋谷区)
▲屋敷伸之九段 vs △ponanza(将棋電王トーナメント第1位/開発者・山本一成、下山晃)

まずは重要な初戦となる第一局は菅井五段と、前回も初戦で登場したソフト「習甦」との対局だ。菅井五段は「もう数カ月で勝負なんだなと。しっかり勉強したい」と改めて意気込みを示しながら、「(習甦は)1年前と比べて終盤が強くなっている」と対戦相手を分析。対する習甦の開発者・竹内氏は「前回は厳しい戦いとなった。前回完敗した無念さが強い思いになった」と、コンピュータ側で唯一の敗戦となった「第2回 将棋電王戦」を振り返り、「好成績を収めている菅井五段と対局できるのは光栄なこと」と話している。

そんな初戦の舞台となるのは有明コロシアム。日本テニスの聖地として知られる場所で、2010年の東京オリンピックでは会場の一つになることが予定されている。川上氏によれば、「普通だと絶対に将棋をやらなそうな場所で、しかも"戦い"の場所でもある」ことが会場選考の決め手になったのだという。

続いての第二局を争う佐藤六段は、この日対局のため欠席となったが、代わりにビデオレターで「対戦相手のやねうら王についてはまだよくわからないが、とても個性的なソフトだと聞いている。僕もプロ棋士の中では個性的な方だと思うので面白くなると思う。会場は両国国技館なので、まわしの締め方も研究したい」と佐藤六段らしいユニークなコメントで会場を笑わせた。これに対して「やねうら王」の開発者・磯崎氏は、「佐藤六段は将棋界の"お笑い"担当。私も同じなので、お笑いの方でも負けたくない」とライバル意識(?)を燃やしていた。

第二局の場所は両国国技館。川上氏曰く、「日本でもっとも古いゲームである将棋を、伝統ある相撲を行う両国国技館で対局するのは面白いのでは」とのことだ。

続いて第三局は、大阪市・阿倍野区に3月開業予定となるあべのハルカスで行われる。大阪が地元だという豊島七段は「地元なので人を呼びやすい」と話しつつ、「しっかり練習して臨みたい」と気合充分。対するYSS開発者の山下氏は「豊島七段は強豪なので、少しでもいい将棋を指せたら。相当厳しい相手に当たってしまったなという感じ」と控えめなコメント。勝負の流れを決定づける重要な対局だけに、勝敗の行方が注目される。

第四局で激突するのは、森下九段とツツカナ。「ツツカナは将棋の筋が良い」と絶賛した森下九段は、「奇策を弄するのではなく、ツツカナの胸を借りたい」と正々堂々と真正面からぶつかることを約束。これに対してツツカナ開発者の一丸氏は「開発はすでに終わっており、対局日を待つだけ。その日が待ち遠しい」と冷静な表情。森下九段の著書にも目を通したという一丸氏は「森下九段は原理を熟知するタイプで、私と同じ」とうれしそうに話していた。

その第四局、対戦会場となるのはなんと小田原城。北条市の居城として歴史にその名を残す名城だ。この小田原城の中で、一年に一度しか公開されない「銅門(あかがねもん)」が電王戦第四局の舞台になる。こうしたイベントに銅門が使用されるのは初めてのことだという。

●スペシャルゲストとして安倍首相が登場。ニコ生では驚きのコメント弾幕
そして最終第五局は、場所を将棋の聖地・将棋会館に移して開催される。プロ棋士側の大将を務める屋敷九段は「いつも対局している場所で、"ponanza電王"に挑戦させていただく。いつも通りいい将棋を指したい」とコメントし、対するponanza開発者の山本氏と共同開発者の下山氏は「電王に恥じないようponanzaに将棋を指してもらいたい」と意気込み十分。一方で、「(場所は)お城が良かったなあ」とつぶやいて会場を笑わせていた。

ひと通りの表明が終わったところで、先手後手を決める振り駒が行われた。前回は川上会長が務めた振り駒だが、今回はなんとスペシャルゲストとして安倍晋三首相が登場。予想外の出来事に、ニコニコ生放送では驚きのコメントが弾幕となって画面を埋め尽くした。振り駒の結果、第一局はプロ棋士が先手となった。以降、先手と後手を交互に入れ替えながら第五局まで指すことになる。

実は安部首相は超党派で結成された将棋文化振興議員連盟の所属議員であり、自らも趣味で将棋を指している。また、かつて党首討論などでニコファーレを利用したこともあり、「ニコニコ動画は私にとっても思い出深いホームグラウンド」だという。

「コンピュータには感情がなくて、淡々と勝ちに向かう。人間には感情も意思もあって、それが邪魔になるかもしれないが、だからこそ面白い。コンピュータも進歩しているが、プロ棋士はすごいなというところを示してもらいたい」(安部首相)

また、今回は特別協賛としてSCEJAと日産自動車、おやつ協賛としてローソンがスポンサーとなることが発表された。おやつ協賛の内容は、対局中にプロ棋士が食べるお菓子を提供するというもの。ローソンで販売している全スイーツから選び放題となる。

さらに電王戦では、団体戦としての勝敗以外にMVPを選出。選ばれたプロ棋士、もしくはソフト開発社には、日産自動車より日産エルグランドが贈呈される。さらに、ニコニコ生放送視聴者からも1名に日産デイズ ルークスがプレゼントされるという。

こうした賞品の数々に谷川理事は、「車がプレゼントされるのは初めてだと思う。ただ、棋士は免許を持っていない人も多い。教習所に行くよりも将棋の研究をしてほしい(笑)」とコメント。これを受けて、発表会後の質疑応答では記者からプロ棋士の運転免許の有無を尋ねる質問も飛び出した。

また、電王戦に先がけて、2013年大晦日には船江恒平五段とツツカナがリベンジマッチを行うことも発表された。

船江五段とツツカナは前回の「第2回 将棋電王戦」第三局で激突した対戦カード。結果はツツカナが勝利したが、その激戦ぶりは屈指の名局と賞賛され、電王戦でも最大級の盛り上がりを見せた。

川上氏は今回のリベンジマッチについて、「電王戦は1回だけの勝負になるので、優劣がついたかどうかは本来判断できない。しかし世間的にはそういうイメージができてしまったので、本当にそうなのかを検証する場を設定したいと考えていた」と企画意図を説明。発表会に登壇した船江五段も「お話をいただいたときは自分がもう一度出ていいのか悩んだが、もう一度指したいという気持ちがあったので話を受けた。プロ棋士は勝たなければならない。勝って信念を迎えたい」と闘志を燃やす。

二度目にして最後となるリベンジマッチは、2013年12月31日10:00、原宿のニコニコ本社にて行われる。

このほか、発表会では第2回将棋電王トーナメントが来年11月1日から3日間にわたり開催されることが発表となった。こちらは電王戦とは違い、コンピュータ将棋のみの大会となる。

(山田井ユウキ)