『このマンガがすごい!2014』(宝島社)

写真拡大

 今月9日に発売日を迎えた『このマンガがすごい!2014』(宝島社/以下、このマン)。ランキング企画の火付け役とあって、今年も発表と同時に各所で話題を呼んでいる。

「オトコ編」1位がすでに初版100万部を突破している『暗殺教室』(集英社)だったりと、例によって「上位に新鮮味なし」といった不満の声が上がる部分はあるが、投票者が増えれば増えるほど、「売れている作品=多くの人が知っている作品」に票が集まるのは必然。20位圏内あたりは、「マンガ読み的には知らない作品があったら焦る」という感じで読むしかないだろう。

 むしろ『このマン』で面白いのは、ランキング以外の部分。各選者のピックアップタイトルや特集企画を見ていくと、何時間でも話ができるポイントが数多くある。

 たとえば、今年特に胸を熱くさせてくれたのはオトコ編の選者になっている歌人・枡野浩一。『このマン』では2012年度版以来3回目の選者だが、マンガ好きなのは有名で、雑誌の選書企画などではおなじみだ。とりわけ枡野浩一のマンガ家・鴨居まさねへの愛情と信頼はすさまじい。10年以上前から何かといえば書評で取り上げ、新刊の帯を書き、文庫版が出るといえば解説をしたためる。そんな枡野は、去年の『このマン』では当然のように鴨居まさねの『君の天井は僕の床』(集英社)を1位に挙げている。

 確かに集計期間内に久しぶりの新刊が出た作品だが、傾向として「その年、刊行開始された作品」に票が投じられることが多いランキング企画で、連載スタートは数年前という作品を挙げてくる枡野の姿は、ロックだった。おつきあい的な帯コメントも多くなっている昨今、ガチで10年以上にわたって帯にしたためた愛情を抱き続けている枡野のすさまじさを感じさせた。

 そんな枡野は、今年も魅せてくれた。選者が投票できるのはたった5作品という条件がある中、枡野はうち3本を施川ユウキの新作で使うというロックぶり。確かに『鬱ごはん』(秋田書店)など、施川ユウキの3作品はどれも非常によかったが、ここまで大胆な投票ができるのは、『このマン』では枡野くらいだろう。「バランスもへったくれもない、俺が好きな作品を選ぶ!」という強い意志を感じさせる枡野の選書は、「なるべくバランスよく」と考えてしまいがちな、ランキング慣れした選者に、マンガ愛とは何かを伝えてくれるようだ。およそマンガ読みほどの者は、枡野浩一にあやかりたく存ずべしという感じだ。

 ブレないっぷりという点でいえば、これまた魅せたのがエロ劇画系ブロガー・劇画狼。サイト「なめくじ長屋奇考録」の管理人で、エロ劇画のひどいシーンばかりを集めて年末に発表する「このマンガがひどい!」といった企画で知られる彼も、2012年度版以降の『このマン』選者の常連だ。

 エロ劇画系の立役者だけあって、毎年褒めてるんだか馬鹿にしてるんだかわからないコメントとともに、ニッチな作品を拾い上げているが、今年は第1位に櫻井稔文の『絶望の犯島 100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル』(双葉社)を挙げている。

 この作品、ヤリチン男がヤクザの女に手を出してしまい、制裁としてギャルにされ、飢えた性犯罪者ばかりがいる島に送り込まれるという、異色サバイバルマンガ。ニッチではあるが、エッセイスト・犬山紙子も1位に挙げるなど、確実に一定のファン層をつかみ、ランキングでもオトコ編27位に入っている。

 ただ、劇画狼が魅せるのは、今年単体のラインナップではない。実は『このマン』初参加の2012年度版ですでに、櫻井の別名義(というか、どちらかといえば櫻井稔文が別名義なのだが)である桜壱バーゲンの『バカ潜入!』(ミリオン出版)を2位に挙げているのだ。年度またぎでの猛プッシュ。ブレなさを見せつけた選者のひとりといえるだろう。

 ポジションとカラーといった点でいえば、なかなか面白かったのが「雑誌編集部が選ぶこのマンガがすごい!」のコーナー。昨年までは「サイゾー」(小社刊)も入っていたのだが、今年はお声がかかっていないらしく、新たに雑誌「BUBKA」(白夜書房)編集部が登場している。

 すぐ近くで「an・an」(マガジンハウス)が『かくかくしかじか』(集英社)や『大奥』(白泉社)、「FRaU」(講談社)が『失恋ショコラティエ』や『姉の結婚』(共に小学館)を挙げるなど、おしゃれなラインナップが並ぶなか、「BUBKA」は1位『めしばな刑事タチバナ』(徳間書店)、2位『闘飯』(双葉社)とB級グルメ系の雄を選出。続くラインナップもB級臭が魅力の作品揃いで、さすが「BUBKA」と思わせるポジションを築いている。このあたりは、感心するとともに、この雑誌は絶対、白夜書房のある高田馬場から出られないな、と思わせてくれた。素晴らしい。

 そのほかにも、「販売店別コミックス売上ランキング」では、『ONE PIECE』(集英社)、『進撃の巨人』(講談社)を抑え、浅野いにおの『おやすみプンプン』(小学館)が1位になっているヴィレッジバンガード高円寺店や、『黒執事』(スクウェア・エニックス)や『黒子のバスケ』(集英社)が上位を占めるアニメイト池袋店など、各店舗のカラーが強すぎてめまいがしたりと、読みどころは満載。今年もなんだかんだで、かなり堪能させてもらった。

 最後にちょっとだけストレートな注目ポイントを挙げておくと、『このマン』の本当の注目ポイントは集計対象期間外の新刊や未刊行作品を扱ったコーナー。今年は「気になるあのマンガ!」と「まだまだある! この雑誌がすごい」あたりが該当企画だが、このコーナー、実は案外打率が高いのだ。

 たとえば、一昨年の2012年度版では、「単行本未発売&投票期間外作品」というコーナーがあるのだが、ここですでに『俺物語!!』(集英社)、『空が灰色だから手をはなそう』(秋田書店)、『五大湖フルバースト -大相撲"心・技・体"伝説-』(講談社)などが挙がっている。『俺物語!!』は翌年刊行され、2013年度版『このマン』オンナ編で1位に。『空が灰色だから手をはなそう』は『空が灰色だから』に改題され、こちらも翌年オトコ編19位にランクイン。『五大湖フルバースト』も25位と高位につけている。

 ランキング的には「ヒット作が並んでいる」印象も強い『このマン』だが、細かい企画では案外発掘力もある。このあたりを中心に読んでいくと、単なるランキングとは違う面白さが見つかるのではないだろうか。
(文/小林聖)